グアム旅行では、宿泊するホテルのグレードを高くして贅沢なホテルライフを過ごしたい人や、なるべく節約してショッピングにお金を使いたい人など、みなさんどんな旅行にしたいかはそれぞれありますよね(*^^*)

なかでも、グアムでは思いっきり美味しいものを食べて、普段食べられないような贅沢なグルメを堪能したい!と考えている人もいるのではないでしょうか?♪

高級レストランのディナーやホテル内レストランの料理も、日本で生活している時にはなかなか食べないですよね!

こういったちょっとお高いお店での食事も、旅行だからこそ楽しめるグルメ。

高級レストランでの食事は、カップルや夫婦、家族での特別な記念日の夕食にもピッタリです(*^^*)

このページでは、グアムでオススメの贅沢な食事ができる高級レストランの紹介をはじめ、各お店へのアクセス方法や予約方法、そしてお店に行くときの服装やドレスコードなどについてもお話していきます!

お料理の料金や口コミなどをもとに、私が独自にランキングにしていますが、何を注文するかによっても変わってくると思いますので、あくまでもランキングは参考程度にしてくださいね♪



グアムの高級レストランでのドレスコード

グアムでは、お値打ちなカフェやレストランから高級レストランまで、さまざまな飲食店がたくさんありますが、高級レストランとは言え、服装・ドレスコードについては、基本的には特に決まりはありません

特に決まりがないために、「Tシャツや短パンでも大丈夫だった」という人もいますが、やはりちょっと贅沢なレストランに行くときは、それなりにカジュアルな格好が望ましいと思います♪

例えば女性ならワンピースにカーディガンなど、男性は襟付きのシャツにチノパンやスラックスなどがオススメで、あまりにも気を張ったドレッシーな格好でなくとも、場の雰囲気に合わせた服装選びをするようにしましょう。




というのも、口コミなどで「店内にいた他の日本人カップルが、クロックスとビーチサンダルを履いてラフな格好すぎて、せっかくのディナーなのに見ていて残念な気持ちになった」などを見かけます。

自分たちは気にしていなくても、やはりその場の雰囲気に合わせたファッションは大切だと思います♪

素敵なお店なのに、自分たちのファッションでその場の雰囲気を壊すことがないよう、気をつけたいですね!

せっかく高級店へ行くんですから、服装などにも気を使うことで、気持ちもより特別感が増すと思います(*^^*)

また、ドレスコードがほとんどないグアムでも、「マンハッタンステーキハウス」はドレスコードがしっかりと設定されているお店なので、注意してください。

マンハッタンステーキハウスについてはこちらのページグアム旅行で「ディナー」するならここがオススメ!「ランチ」にも人気な有名レストランを紹介!プロア、トニーローマ、ルビーチューズデー、シーグリル、マンハッタンステーキハウス!でお話しています。

ドレスコードについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページグアムのロイズなどのレストランで「ドレスコード」が必要?カジュアルなものはOK?そもそもドレスコードとは?グアムのホテルやレストランの男女別おすすめドレスコードへどうぞ。

グアムで贅沢な高級レストランランキング


日本最大級の海外レストラン予約サイト「グルヤク」公式サイトはこちら

(1)ロイズ(Roy’s)


ロイズは、”全米ベストシェフ”にも選ばれたロイ・ヤマグチ氏のレストランで、ヒルトングアムリゾート&スパ(Hilton Guam Resort & Spa)のプレミアタワー1階にあります。

ロイズのお料理は、フレンチをベースにしてアジアンテイストを盛り込んだ創作料理で、店内から見えるタモン湾の絶景もまた、お店の自慢の1つとなっています。

有名なシェフの料理が味わえるだけでなく、グアムならではの眺望も一緒に堪能できるのは、より一層グアムの旅を華やかにしてくれそうですね♪

ロイズのディナーメニューは、セットメニューにはローストショートリブやオーラサーモンキング胡麻生姜焼き(36ドル)などがあり、アラカルトメニューにはロブスターサマーロールや北京ダックのコンソメスープ、四川風ラムラック、タンドール風ビーフテンダーロインなどがあります。

世界各国から取り寄せられたワインもオススメなんだとか。

詳しい値段は公式サイトにも載っていませんでしたが、前菜系メニューは20ドルから、メインメニューは40ドルから60ドル前後、コースメニューは60ドルや65ドル、70ドルなどがあります。

お店には日本語メニューもありますが、日本語メニューには料理名と写真のみの記載で値段がなく、英語メニューのほうには写真がないものの値段は記載されているとの口コミがありました。

不安な方は、アラカルトなど単品メニューではなく、いっそのことコース料理を頼んでしまったほうがいいかもしれません♪

コースメニューには、スープ、サラダ、前菜、ローストショートリブなどのメイン、デザートなどがセットになっており、単品で前菜やメイン、デザートを頼むよりもお得に食べられます。

口コミなどを見ると、「オーラサーモンキング」や「ラムチョップ(34ドル)」が美味しかったとの意見もありました♪

チップは含まれた金額が請求されるので、別途支払う必要はありません。

営業時間はレストランは18時から22時、ラウンジは17時半から22時(金曜と土曜は17時半から24時)とディナータイムのみのオープンとなっています。

こちらのレストランは年齢制限がついていて、3歳以上のみ入場可能で、2歳までの子供は入場が出来なくなっていますので注意しましょう。


もし小さい子供連れの旅行の場合、レオパレスリゾートグアムなどの保育システムやキッズプログラムを利用して子供を預ける必要がありそうですね。

キッズプログラムについてはこちらのページグアムでどこに泊まる?「子供連れ、家族旅行、ファミリー」が泊まるべきおすすめホテル紹介!赤ちゃんや乳幼児に嬉しいメリットがあるホテルは?へどうぞ。

ヒルトングアムリゾート&スパへは、タモン中心部からシャトルバスが運行しているので、「ヒルトングアムリゾート&スパ」で下車するだけなのでアクセスも心配ないと思います。

予約については、時間帯によっては予約なしで入店できることもありますが、満席なことも多いので念の為事前に予約することをオススメします。

予約方法は、日本語のヒルトンの公式サイトから希望日の7日から30日前まで予約をすることができます。

「ロイズ(Roy’s)」公式サイトはこちら
+1 671-646-3463
202 Hilton Rd, Tamuning, 96913 グアム


(2)アルフレードズトスカーナステーキハウス(Alfredo’s Tuscan Steakhouse)


アルフレードズステーキハウスは、高級ステーキや和牛、ロブスターなどのシーフードが味わえるファインダイニングで、デュシタニグアムリゾート(Dusit Thani Guam Resort)の3階にあります。

デュシタニ自体がグアムの中でも5つ星ホテルであり、そのデュシタニに入っている高級ステーキハウスということで、存分に期待して間違いないと思います!

レストランからはタモンビーチを見渡すことができ、特に窓側の席からはサンセットや夜にはライトアップされたビーチ沿いの景色が見られ、ここからの眺めがとても美しくロマンチックだと評判が良いです。

少し暗めに設定され、席の間隔も広く取られており、60席しかない店内は贅沢で落ち着いた大人な空間となっています。

メニューは、シーザーアルフレードズ(14ドル)、フォアグラトーコン(24ドル)、タラバガニケーキ(19ドル)、エビスキャンピのオーブン焼き(20ドル)、ロブスタースープ(18ドル)、冷製シーフードタワー(225ドル)、デミタワー(130ドル)、カウボーイリブアイ(86ドル)、ニューヨークストリップ(52ドル)、Tボーンステーキ(58ドル)、リブアイ(52ドル)、テンダーロインフィレ(84ドルから)、神戸バーガー(59ドル)、チリのシーバス(48ドル)など、そのほかセットメニューもあります。

やはりオススメなのは肉料理で、「Tボーンステーキ(58ドル)」や「カーボーイリブアイ(86ドル)」などです。

子供連れでの来店もOKですが、ドレスコードはカジュアルとなっているので覚えておきましょう。

営業時間は17時から21時で、日本語メニューはエントランスにあるようです。

口コミでは、「メニュー選びで迷ったとき、スタッフの方が親切に相談にのってくれた」などがありました。

アルフレードズトスカーナステーキハウスのあるデュシタニグアムリゾートは、タモンのほぼ中心エリアにあるので、周辺ホテルからは徒歩でも十分アクセス可能です。

タモンから離れている場所からシャトルバスを利用する場合は、「アウトリガー/ザ・プラザ前」で下車してすぐです。

「アルフレードズトスカーナステーキハウス(Alfredo’s Tuscan Steakhouse)」公式サイトはこちら
+1 671-648-8000
1227, 969 Pale San Vitores Rd, Tamuning, グアム


(3)桃季(Toh-Lee)


桃季は、ホテルニッコーグアム(nikkoguam)の最上階16階にある広東料理を中心とした本格的中国料理が堪能できるレストランで、”ホテルの中で最も眺望がいい場所”と言われているだけあり、オーシャンビューが魅力のお店となっています。

日本の一流ホテルで経験を積んだ、日本人シェフによる中国料理で、味付けも日本人の口によく合うもので美味しいと評判がいいです。

ランチビュッフェは、前菜、メインディッシュ、飲茶、デザート、全20種類のオーシャンビュー・チャイニーズビュッフェで、毎週変わるメニューが楽しめるのが特徴で、大人28ドル、4歳から11歳の子供は14ドルとなっています。

このほか、桃李プレミアムランチコース「美食彩菜」というランチコースが35ドル、スペシャルランチセットが25ドルであります。

ディナータイムにはロブスターや鮮魚を使ったアラカルトメニューや、コースメニューなどがあります。

ディナーのコースメニューには、ジョイフルコースが64ドル、パラダイスコースが88ドル、ラグジュアリーコースが118ドル、そのほか季節のミニコースが48ドル、選べるコースメニューが大人55ドル、4歳から11歳の子供25ドルがあります。

また、金曜夜限定ディナービュッフェとして、ローストディッシュやシェフによるライブステーションなどが楽しめて、大人38ドル、4歳から11歳の子供18ドルというビュッフェもあります。

営業時間は、昼食は11時半から14時、夕食は18時から22時、桃李バーは18時から22時となっています。

服装については、特にドレスコードというほど気にするほどでもないお店で、ランチなどだと普通にTシャツや短パン姿の観光客なども多いです。

予約は、ホテルニッコーグアムの公式サイトから日本語でレストラン予約ができるようになっていました。

時間帯によってはかなり込み合いますし、あらかじめ眺望の良さそうな席を予約でお願いしておくのもいいと思います(*^^*)

HISなど旅行会社のオプショナルツアーとしても桃李のレストラン予約ができるようになっています。

アクセスについては、タモンの中心エリアであるTギャラリアやJPスーパーストア近辺からは、かなりの距離を歩かなければならず、夜間だと特に安全面を考えても徒歩でのアクセスはおすすめできません

私もここ歩いたことがあるんですが、日射しも強くてかなりきつかったですw

そのため、シャトルバスに乗れば「ホテルニッコーグアム」の目の前で下車することができるので、徒歩ではなくぜひシャトルバスを利用しましょう!

「桃季(Toh-Lee)」公式サイトはこちら
+1 671-647-2804
P.O.Box 12819, Tamuning, 96931 グアム


(4)アベニューステーキ&ロブスター(Avenue Steak & Lobster)


アベニューステーキ&ロブスターは、アウトリガービーチリゾートホテルの2階にあるファインダイニングで、お店の名前にもなっている通り、ステーキとロブスターがオススメのお店です(*^^*)

マンハッタンを思わせるような、インテリアなどにもこだわられた落ち着いた雰囲気の店内で、カップルでの来店や記念日での利用にもピッタリだと口コミでも書かれています。

窓側の席からはタモンの街並みが一望できるので、眺望の良さも評判は◎。

ランチメニューは、BLTサラダ(12.50ドル)、グリルドチキンサラダ(13.50ドル)、じゃがいもとリークのスープ(6.50ドル)、シーフードブイヤベーススープ(7.50ドル)などのサラダ・スープメニューや、ショートリブの海鮮醤風味バーガー(13.50ドル)、サーモンバーガー(15ドル)などのバーガーメニュー、バジルクリームソースのえびパスタ(15ドル)、チキンパルメザンパスタ(13ドル)などのパスタメニュー、ペッパーステーキ(24ドル)やごまショウガ風味のサーモンフィレ(19.50ドル)、チャモロ・バーベキューショートリブ(18.50ドル)などのメインディッシュなどがあります。

デイナーメニューには、マグロのタルタル(13ドル)、シュリンプカクテル(11ドル)、活ロブスターの刺し身(58ドルから)などの前菜メニューや、ローカルグリーンサラダ(8ドル)やシーフードブイヤベーススープ(8ドル)などのサラダ&スープメニュー、フィレミニヨンステーキとロブスターテール(55ドル)、ニューヨークステーキとロブスターテール(55ドル)などのコンビネーションメニュー、活アトランティックロブスターの刺し身(58ドルから)、サーモンのソテー(35ドル)、ケイジャンシーバス(39ドル)などのシーフードメニュー、ニューヨークステーキ(36ドル)、ビーフテンダーロイン(40ドル)、ポーターハウス(45ドル)などのステーキメニューのほか、前菜・スープ・メイン・デザートがセットになった4コースディナーもありました。

キッズメニューもあるので子供がいても安心だと思います♪

日本語メニューもありますし、公式サイトにも日本語でメニューと金額が書かれているので、予算も立てやすいですね!

会計は15%のサービス料(チップ)が加算された金額が請求されるので、チップは別途支払う必要はありません。

営業時間は、ランチが11時から14時、ディナーが18時から22時となっています。

服装はTシャツなどでも入店OKだったという意見もありましたが、できれば襟付きのポロシャツなどラフすぎないカジュアルな感じがオススメです。

お店の場所はアウトリガーホテルの2階ですので、周辺ホテルからのアクセスは徒歩でも十分だと思いますし、シャトルバスを利用する場合は「アウトリガー/ザ・プラザ前」で下車しましょう。

ちなみにディナーのみタモン・タムニン地区なら無料送迎があります。

予約や問い合わせは、公式サイトに日本語OKの電話番号があるので、英語の自信がなくてもそちらから気軽にかけられるのもいいですね。

グアムのお店では珍しく、ネットからの予約フォームのほかにLINE(ライン)でも日本語で予約・問い合わせられるようになっていたのでかなり便利そうです!

「アベニューステーキ&ロブスター(Avenue Steak & Lobster)」公式サイトはこちら
(1-671)488-6977(日本語OK)
1255 Pale San Vitores Road, Tumon Bay, 96913 グアム



日本最大級の海外レストラン予約サイト「グルヤク」公式サイトはこちら

(5)プレゴ(PREGO)


「プレゴ」は、ウェスティンリゾートグアム(The Westin Resort Guam)の4階にあり、グアムのシェフズカップでも優勝経験のある総料理長が作る、地中海風の本格イタリアンが楽しめるオーシャンビューレストランです(*^^*)

タモン湾に沈むサンセットはとくに美しいことでもよく知られており、全席から海が見えるのでロケーションは抜群です!

高級すぎないカジュアルなレストランで、「小さい子供がいても気兼ねなく食事できた」と口コミにも多くあり、子供が一緒でも心配はなさそうです。

ランチタイムはサラダやアペタイザー、ピザ、デザートなどの品数も豊富なビュッフェスタイルで、プラス5ドルでパスタまたはリゾット、プラス11ドルでメイン料理が付けられるようになっています。

ランチビュッフェは12歳以上の大人29ドル、6歳から11歳の子供は14.50ドル

土曜日のサタデーランチは子供に大人気なピザ作り体験ができるそうで、こちらは大人25ドル、6歳から11歳の子供は12.50ドルです。

日曜日のサンデーブランチは目の前でパスタやリゾットを作ってもらえるライブステーションや、プライムリブのカービングステーションなどちょっと贅沢なランチになっており、大人43ドル、6歳から11歳の子供は21.50ドルとなっています。

ディナータイムは、前菜やサラダはだいたい20ドル前後から、リゾットやパスタ、ピザは25ドル前後、活メインロブスターなどシーフードメニューは24ドルから75ドル前後、そのほかハウススペシャル(140ドル)、認定アンガスの牛フィレステーキ(45ドル)などのお肉料理などがあります。

ディナータイムの予算的にはだいたい40ドル前後でしょうか。

口コミでは特にパスタが最高に美味しい!食べる価値あり!とかなり高評価でした。

日本語のメニューもありますので安心です。

営業時間は、ランチは月曜から土曜は11時半から14時、日曜は11時から14時半で、アフタヌーンティーが14時から17時、ディナーは18時から22時で、ディナータイムのみ送迎があります。

服装やドレスコードはTシャツや短パンの人もおり、気軽な雰囲気ですが、襟付きポロシャツやチノパンなどカジュアルなスタイルでいいと思います。

場所は、ウェスティンリゾートは地図で見るとタモン中心エリアのTギャラリアやJPスーパーストア付近からも近く、歩いて行けるような感じがしますが、実際のところこのウェスティンへと続く道は坂道になっており、暑さもあって徒歩だとちょっと厳しいので注意しましょう。

比較的近い場所からのアクセスでも、シャトルバスを利用するのがオススメです。

シャトルバスの場合、「ウェスティン/リーフ前」で下車してすぐです。

基本的には地元の人にも人気のお店なので予約をすることをオススメされていますが、混雑していなければ予約なしでも入店できます。

ただサンセットの時間帯などは特に混雑するので、やはり予約していったほうが無難かもしれません。

ウェスティンの公式サイトのほか、JTBなどの旅行会社のオプショナルツアーからもレストラン予約ができます。

また、SPGアメックス(Starwood Preferred Guest)のメンバーだと15%の割引もありますので、会計時に申し出ましょう。

「プレゴ(PREGO)」公式サイトはこちら
+1 671-647-0992
The Westin Resort Guam, 105 Gun Beach Road Tamuning GU, 96913, 4th floor 105 Gun Beach Road Tamuning GU 96913, 105 Gun Beach Rd, Tamuning, 96913 グアム


(6)ザ・プレジデント 日本(THE PRESIDENT (Nippon)


ザ・プレジデントは、シェラトンラグーナグアムリゾートのロビー階にある高級和食&鉄板焼きレストランです。

店内は和テイストで落ち着いたカラーリングで統一され、八角形のかたちをした鉄板焼きメインダイニングのほか、テーブル席、和食個室、海が見える鉄板焼きのプライベート個室などもあります。

和食個室、鉄板焼き個室とも個室寮として50ドルがかかります。

ランチメニューは、「Laguna Lunch Teppan Menu」が25ドルでサラダやスープ、アンガス牛サーロインステーキ、ご飯、デザートのほかメインを1品選ぶものや、「プレミアムハンバーグスープカレー」が19ドル、「ポークカツレツ」が18ドル、天丼などのランチ丼ぶりメニューが18ドルからとなっていました。

ディナーメニューは、「PLUMERIA プルメリア (鉄板焼きコース)」が65ドルでアペタイザー、サラダ、スープ、サーロインステーキ、ガーリックライス、味噌汁、デザートなどのセット、「TASI 海 UMI(鉄板焼きコース)」が85ドル、「PALUMA 鳥TORI (鉄板焼きコース)」が100ドル、「『鹿児島産霜降り黒毛和牛』 MANGLO 風 KAZE (鉄板焼きコース)」が120ドル、「『鹿児島産霜降り黒毛和牛』 NIPPON 日本 (鉄板焼きコース)」が150ドル、「『鹿児島産霜降り黒毛和牛』 THE PRESIDENT プレジデント (鉄板焼きコース)」が180ドル、そのほか、「Chef’s Dinner LAGUNA シェフズディナー ”珊瑚抄” (和食メニュー)」が85ドルとなっていました。

つまりディナータイムには6種類の鉄板焼きコースがあり、120ドル以上のコースではお肉は鹿児島産霜降り黒毛和牛なのに対し、120ドル以下のコースではサーロインステーキだという点に違いがあります。

ワインや日本酒、焼酎も取り揃えが豊富なのもおすすめポイントの1つ。

日本語がわかるスタッフもいますし、キッズ用ミールがあるので子供連れでも利用OKとなっています。

チップも含まれた金額が請求されるので、別途支払う必要はありません。

営業時間はランチが11時半から14時、ディナーは18時から21時で、定休日は日曜ランチタイムです。

服装・ドレスコードに決まりはありませんが、Tシャツなどは避けて、高級感あるお店に合わせたカジュアルな服装がオススメです。

お店はシェラトンの中にあり、タモン中心エリアからは離れた場所なので、タモンから徒歩でのアクセスは無理だと思います。

そのため、タモンからはシャトルバスで「シェラトンラグーナグアムリゾート」で下車しましょう。

予約は、シェラトンの公式サイトから日本語でできるようになっており、わかりやすいと思いますし、そのほかHISやJTBなどからもレストラン予約が可能です。

特に鉄板焼きメニューを希望する場合、混雑していると料理の提供が遅くなる可能性もありますし、さらにディナータイムは無料送迎を行っているので、予約ついでに申し込んでおくと帰りの足にも困りません。

「ザ・プレジデント 日本(THE PRESIDENT (Nippon)」公式サイトはこちら
Sheraton Laguna Guam Resort Lobby Floor, 470 Farenholt Avenue, Tamuning, Guam 96913


(7)アルデンテリストランテ(Al Dente Ristorante)


「アルデンテリストランテ」は、ハイアットリージェンシーグアム(Hyatt Regency Guam)の1階にある、食材にこだわられた本格的イタリアンレストランです(*^^*)

ガーデンビューの落ち着いた店内で、夜にはライトアップされた素敵なお庭を眺めながら食事することができます。

口コミでも、窓側のお席がオススメされていました。

ディナーメニューには、「Antipastro All Italiana(25ドル)」、「Petto d’Anatra(18ドル)」などの前菜メニューや、「Acqua Pazza in Cartoccio(14ドル)」などのスープメニュー、「マルガリータ(20ドル)」などのピザメニューが20ドルから、「Reginette Nere(28ドル)」などの自家製フレッシュパスタメニューが24ドルから、そのほかオーブン料理が24ドルから、「Astice(65ドル)」や「Agnello(36ドル)」などグリル料理、マッシュポテトなどのサイドディッシュが8ドル、デザートメニューが6ドルからとなっています。

やはりイタリア料理店なだけあって人気なのはパスタメニューで、特にReginette Nere(28ドル)というイカスミパスタのほかに、Agnello(36ドル)というラムチョップも美味しいそうです!

メニューについてもっと知っておきたい方は、シェラトンの公式サイトに日本語で説明された料理と値段付きのメニューがあったので、そちらを見てみてください。

お店には日本語メニューもあり、日本語が話せるスタッフもいるそうなので、注文には困らなさそうです♪

キッズメニューもあり、子供連れでの来店もOKですが、服装やドレスコードはラフになりすぎないよう、注意しましょう。

ハイアットの場所は、ほぼタモンの中心エリアにあるため、周辺ホテルからなら徒歩でも十分にアクセス可能ですし、シャトルバスの場合は「サンドキャッスル/ハイアットリージェンシー前」で下車してください。

営業時間は18時から22時のディナータイムのみで、ランチタイムは営業していません。

予約は、ハイアットの公式サイトからできるようになっていました。
混雑を避けたい人は、ディナータイム開始してすぐくらいの時間帯がオススメです。

「アルデンテリストランテ(Al Dente Ristorante)」公式サイトはこちら
+1 671-647-1234
1155 Pale San Vitores Road Tumon,, Tamuning, 96913 グアム


(8)シュラスコ・ブラジリアンステーキハウス&サラダバー(Churrasco Brazilian Steakhouse & Salad Bar)


シュラスコは、パシフィックベイホテルにある、ブラジリアンスタイルの食べ放題のお店です。

以前は、シュラスコ・ブラジリアンバーベキュー&サラダバーという名前だったみたいですが、現在はシュラスコ・ブラジリアンステーキハウス&サラダバーという名前になっています。

ブラジリアンスタイルの食べ放題というのは、卓上に置かれたカードを裏返さない限り、ウェイターさん(ブラジルのカウボーイ)がお肉を切り分けに来てくれるもので、お腹いっぱいお肉を食べたい人にオススメです(*^^*)

詳しいシステムは、カードが赤になっているときは、炭火で焼いたお肉やサイドディッシュをテーブルまで配りに来てくれるので、お肉は好きな箇所を指定すればその場でスライスしてくれます。

そしてお肉のサービスを休憩したいときはカードの黒を上にすることで休憩でき、また再開したいときは赤を上にすることでお肉のサービスを再開することができます。

もちろんサラダバーも食べ放題です。

お肉の質も良くてとても美味しいと口コミでも人気なお店ですし、食べ放題なので金額がいくら請求されるのかという不安もないので安心です。

口コミでは、別料金の焼きパインも美味しいのでオススメだと書かれていました。

ディナーの「RODIZIO」食べ放題は大人40ドル、4歳から10歳の子供は20ドルで、チップは含まれているので別途支払う必要はないです。

現在はランチタイムは営業しておらず、ディナータイムのみの営業となり、営業時間は18時から21時半となっています。

予約は、公式サイトから日本語で申し込めるようになっていますし、無料送迎もあり、その他HISなどの旅行会社からもレストラン予約ができます。

パシフィックベイホテルの場所は、タモンの中心エリアにあるTギャラリア付近からは、徒歩でも10分前後で行けてしまうので、遅い時間でなければ歩いてでも大丈夫だと思いますし、無料送迎込みで予約してもいいと思います。

シャトルバスで行く場合は、「パシフィックベイホテル前」で下車しましょう。

「シュラスコ・ブラジリアンステーキハウス&サラダバー(Churrasco Brazilian Steakhouse & Salad Bar)」公式サイトはこちら
+1 671-649-2727
1000 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム



日本最大級の海外レストラン予約サイト「グルヤク」公式サイトはこちら

以上ここまで、グアムの高級レストランについて紹介しました!

豪華なディナーやランチを堪能して、贅沢なグアム旅行になるといいですね!(*^^*)

また、気になるお店はしっかりと事前予約しておきましょう!
詳しくはこちらグアムのレストラン予約は「グルヤク」がオススメな理由!グアムのレストランは予約なしでも大丈夫?予約は必要?手数料は無料ではない?jtbやhisなどのオプショナルツアーとどっちがいい?へ。