2月、3月は卒業旅行のシーズンで、グアム旅行を考えている高校生や大学生なども多いと思います♪

仲良しグループで南国リゾートで素敵な思い出が作れたら、最高ですよね♪

まだ旅行先を決めていなくて、グアムにしようか悩んでいる人も、学生旅行で行くグアムは、いろいろとメリットも多いんですよ!

海外旅行の定番の旅行先として、グアムはとても人気がありますが、学生や友達でグアムに行く場合の、おすすめの観光スポットを紹介していきます!

また、2月3月など卒業シーズンに旅行に行く場合の旅費の予算についてや、気をつけることなどもお話していますので、参考にしてください(*^^*)

学生でグアムに行く場合の旅費の予算

大学生や高校生などの学生同士や、友達グループなどでグアムに行く場合の旅費についてです。

例えば、卒業旅行の場合は2月や3月にグアムに行こうと計画をする人が1番多く、だいたい旅行の計画は12月や1月、遅いと2月あたりに旅行の計画を立てることが多いですね。

2月、3月というとちょうど春休みシーズンで、グアム旅行は飛行機と宿泊費がセットになった旅行会社のツアーで、3泊4日でだいたい8万円から10万円前後です。

旅費についてはこちらグアム旅行におすすめ&ベストシーズンの時期はいつ?旅費が最も安い格安・激安・最安値の時期は何月&何曜日がいい?安く行きたい場合のツアー料金は?混雑具合はどれくらい?へ。

宿泊日数についてはこちらのページ旅行日数についてはこちらグアム旅行の滞在日数(宿泊日数)は2泊3日(3日間)は短い?3泊4日、5日間など楽しめるには何泊がベスト?おすすめの日程は?子連れの場合何泊がいい?へ。を参考にしてください。

これは旅費だけの金額なので、このほかに現地での食事代金や交通費、お土産代、マリンスポーツなどをする人はオプショナルツアー代金などがかかってきます。

しかし、この卒業旅行シーズンは、学生向けやグループ旅行向けのツアーも販売されたりしますし、ホテルもそこまで贅沢なところじゃなければ、早く申し込めば5万円ほどでグアムに行けちゃうこともあります。

食費は1人1日あたり安くても50ドル前後はかかりますが、現地での交通費はJTBやHISなどの旅行会社からツアーを申し込めば、シャトルバスが乗り放題だったりするので移動費はかかりません。

シャトルバスについてはこちらグアムでの移動手段・交通手段は?赤いシャトルバス、タクシー、レンタカーのメリットとデメリット!空港とホテルの無料送迎がない場合はタクシー?歩行者や交通ルールなど注意することは?へ。

グアムでの安い食事についてはこちらのページグアム旅行で食事を安く済ませたい人・出費を節約したい人向け!安いレストランランキング!格安で食べられるのはどこ?「おにぎりセブン」やファーストフード、フードコートも!食費の予算はどれくらい?で紹介しています。

マリンスポーツはどんなコースを申し込むかによって料金は変わってきますが、オプショナルツアーは安いコースで50ドル前後、1日使うようなコースで80ドル前後くらいです。

オプショナルツアーについてはこちらグアム旅行のオプショナルツアーやアクティビティの人気ランキング!JTBやHIS、楽天などの予約方法や料金(値段)や参加のメリットは?現地で申し込める?子供や家族連れにもおすすめなのは?へ。

ここに自分たちが買い物やショッピング、お土産で使うお金を含めると、だいたい自分にいくらくらいの予算が必要かがわかってくると思います。

学生のグアム旅行のメリット

日本とグアムのフライトは午前中だけでなく夕方発の飛行機があり、しかも約3時間ほどでグアムに着いてしまうため、大人数での旅行でもみんなでスケジュールを合わせやすく、少ない旅行日数でもたっぷりと遊ぶ時間が作れちゃいます!

例えば同じ4日間の海外旅行でも、移動時間が8時間以上あるハワイと比べると半分以下なのでかなり違いますし、片道約3時間なら国内旅行の移動時間とそれほど変わらないですよね。

オススメの旅行日数についてはこちらのページ旅行日数についてはこちらグアム旅行の滞在日数(宿泊日数)は2泊3日(3日間)は短い?3泊4日、5日間など楽しめるには何泊がベスト?おすすめの日程は?子連れの場合何泊がいい?へ。でお話しています。

それに、これから社会に出るとなかなか友達同士で予定を合わせたりも難しくなりますし、結婚したり子供が出来たりすると、旅行の目的が変わってきたり、行く観光スポットも変わってくると思います。

今の時期だからこそアクティブにワイワイと楽しめたり、ちょっとハードなスケジュールも若さで乗り切れたり(笑)

しかもグアムはインスタ映えしそうなスポットもたくさんあるので、家族や友達、SNSなどでも自慢できちゃいます♪

インスタ映えスポットについてはこちら女子旅に嬉しい!ちょっと贅沢なグアム旅行におすすめプランやホテル選び!インスタ映え&フォトジェニックな観光スポットはどこ?自分へのご褒美にもいい高級プランやオプショナルツアーも紹介♪贅沢にスパやSUPヨガ、ディナーショーを楽しもう!へ。

また、友達同士の宿泊なら、大人数向けのコンドミニアムに宿泊することで宿泊費の節約することができますし、4人1部屋や6名1部屋など1部屋あたりの人数が多いほうが宿泊料金が安かったりします。

食事についてもグアムはボリュームーな料理がほとんどで、シェアして食べるのに向いているので、そういうのも節約になるし思い出にもなります♪

グアムは比較的日本語が通じやすい海外旅行先なので、卒業旅行が初めての海外旅行デビュー!なんて人も安心して遊びにいけます。

高校生の卒業旅行でグアムに行きたいと考えている未成年の子の場合、日本とは違って18歳で免許を取っていても、グアムではレンタカーなどは21歳以上でないと運転出来ませんので、ホテルなどをタモンの中心エリアにするなどして、移動はシャトルバスや徒歩だけで済むようにしましょう。

未成年者だとツアーを申し込む時にも親の承諾が必要になったりすることもあり、海外旅行保険に加入しておくなど、海外旅行が初めての人もそうでない人も、しっかりと備えておくようにしてください。

また、未成年でも成人でも関係ないですが、グアムは比較的治安は良いとは言え、海外であることに変わりないため、友達との楽しい旅行ではしゃぎたくなってしまうのもわかりますが、夜はあまり外出しないようにしたり、声をかけられても犯罪に巻き込まれないよう付いていかないようにしましょう!

グアムの治安についてはこちらのページグアムの治安はどう?2018年最新の、治安の悪い場所は?夜は危ない?外務省の危険情報、テロは起きてる?へ。

学生や友達グループにおすすめのグアムの観光スポットランキング

ではここから、学生さんや友達同士での旅行におすすめなグアムの観光スポットを、紹介していきます!

(1)みんな大好きパワースポット!「恋人岬(Two Lovers Point)」

「恋人岬」とはタモン湾やイパオ岬まで見渡せる断崖絶壁の展望台で、恋愛成就のパワースポットでもあります。

恋人岬という名前は、昔グアムがスペインに統治されていた時代に、当時政略結婚させられそうになった女性が、恋人と髪を結んで永遠の愛を誓ってここから一緒に身を投げたという伝説から来ています。

実際に、この場所を訪れた後に結婚相手と巡り合ったという人を口コミで見たので、驚きました(*^^*)

公園の中央にある恋人たちの鐘(Love Bell Symbol)をカップルで3回鳴らすと幸せになれるというジンクスや、「ハートロックウォール」といってピンクのハートに名前と願いを書いて南京錠をつける「願掛けの鍵」をかけると願いが叶うとか、カップルで書けば一生一緒にいられるなどの言い伝えがあります。

芝生に書かれた「Two Lovers Point」という文字とピンクのハートは、インスタ映えするスポットとしても人気があります。

この展望台から見る景色は、「ここから見る夕日が最高だった」、「自然の雄大さが感じられた」、「絶景にとても感動した」、「グアムに来る度に訪れているほどオススメの場所」、「時間帯によって見られる景色が違っていつ来ても綺麗だけど、人気があるのはサンセットの時間帯」などがありました。

恋人岬には展望台のほかに、悲恋伝説のモニュメントやお土産屋さん、ハンバーガーなどが食べられる「テラザ・アット・ドス・アマンテス(Terraza at Dos Amates)」というカフェもあります。

恋人岬へのアクセスは、タモン地区からはTギャラリアDFSやJPスーパーストア前から1日12便運行している「恋人岬シャトル」というシャトルバスに乗りましょう。

展望台には入場料が3ドルかかるので、シャトルバスの往復乗車券と恋人岬展望塔入場券がセットになった「恋人岬シャトルトクトクチケット」10ドル購入しましょう。

事前にJTBなどから購入することも出来ますし、Tギャラリアのシャトルバス乗り場でもチケットを買うことができます。

恋人岬 公式サイトはこちら


(2)無料で遊べて海の綺麗さも文句なし!「イパオビーチパーク(YPAO BEACH)」

イパオビーチは、タモンビーチがあるタモン湾にあり、タモン地区からはシャトルバスですぐ行ける場所にあり、私もグアム滞在中に訪れてから大好きな場所になりました!

もちろんタモン中心地にある「タモンビーチ」も定番でいいけど、毎日タモンビーチってのもあれだし、しかもいろいろとマリンスポーツなど海っぽい遊びがしたくても、オプショナルツアーを頼むとお金がかかっちゃいますし、なるべく節約したいって人にもオススメ。

イパオビーチならシャトルバスですぐだし、びっくりするくらい海が綺麗で透明度も高いので、波打ち際で海遊びするにもいいし、もちろんシュノーケリングをするにもすごくオススメです!

タモンビーチよりも人の数が少なくゆったりした雰囲気ですが、私が行った時はカップルや子供連れファミリーなどが海遊びやシュノーケリングをして遊んでいました。

しかもイパオビーチからタモンビーチのほうの景色を写真で撮ったり、公園内にはヤシの木がたくさん生えていたりして、インスタ映えする写真を撮るにもいいんです!

正直、お金をかけない旅行にしたいなら、このビーチだけでも十分”グアムに来た感”を満喫できる場所だと思います♪

イパオビーチへのアクセスは、タモン地区からシャトルバスに乗り、「イパオパーク/GVB前」で下車してすぐです。

イパオビーチについてはこちらのページリゾート感を満喫できる!私も行ったグアムのおすすめビーチ厳選ランキング!タモンビーチやイパオビーチなどの地図や行き方、シュノーケリングスポットも紹介!無料ビーチと有料プライベートビーチのココパームガーデンビーチ!でも紹介しています♪



(3)グアムから船で行く”グアム最大の楽園”「ココス島(Cocos Island)」

グアム南西部にある離島「ココス島(ココスアイランドリゾート)」は、広さ約33万平方メートルのプライベートアイランドで、専用の船でしか渡れない島です。

JTBやHISなどの旅行会社や、公式HPのオプショナルツアーを利用して遊びに行くのが1番簡単です(*^^*)

ココス島のジャングルではイグアナやヤシガニが見られたり、パパイヤやヤシの木、ブーゲンビリアなどの熱帯植物が生い茂っていたり、海は透明度が高く、珊瑚や熱帯魚も多く見られ、ラグーンではマンタやイルカ、ウミガメが見られることもあるほど、自然豊かな島です♪

シュノーケリングをした人は、「エメラルドグリーンの海が本当に感動的だった」と口コミで書かれていました(*^^*)

船を降りると、長い桟橋の先にはセンターハウスがあり、ダイビングやジェットスキー、パラセイリング、などのアクティビティの申し込みができ、マリンハウスではパラソルやシュノーケリングセントなどのレンタルができます。

人気のあるツアーは早期に定員に達してしまうこともあるそうなので、早めに申し込んだほうが良さそうです♪

料金に関しては、ココス島に行くだけの船も込みのホテル送迎と昼食・飲料がセットになった「スーパーマリンリゾートココス」という基本コースが、大人89ドルで2歳から11歳までの子供は45ドルです。

そのほか、この基本コースとアクティビティがセットになったコースもあり、例えば「ココス&体験ダイビングコース」は大人155ドル、「ココス&パラセーリング+バナナボート(午前・半日コース)」は大人105ドルなどがあります。

島内にはレストラン&バーやアイスクリームパーラー、ロッカールーム、プール、ビーチバレーコートなどがあり、離島と言えどもしっかりと設備や環境が整えられているので、安心して遊べそうです!


ココスアイランドリゾート公式サイトはこちら


(4)度胸試し的スポット?!「スリングショット(SLINGSHOT)」

スリングショットは、グアムで人気の逆バンジーのアトラクションで、座った状態で地上から70mの高さまで時速160kmの速さで一気に打ち上げられる、なんとも根性が試される(?)スポットです(笑)

やはりこのスリングショットは、友達同士のその場のノリだったり、度胸試し的な感じで利用する学生がとっても多いんだとか(笑)

場所はグアムのタモンのほぼ中心エリアであるTギャラリアから歩いて2分くらいの場所にあり、私もグアム旅行中にこのスポットの前はよく通っていましたが、「キャーッ!」という叫び声が時折聞こえたりして、友達と思わず頭上を見上げてました(笑)

私は絶叫系は得意なほうではないので、友達とただグアムの夜に響く悲鳴(?)を聞いていただけですが、実際に乗った人の感想としては、「本当に恐怖だった」とか、「グアムの夜景が見れて今ではいい思い出」などがあり、結構みんな楽しめるみたいです♪

座席からは360度景色が見渡せるので、それがまたスリル満点ですし、無重力体験ができるので、絶叫が好きな人はぜひ挑戦してみてください♪

私がいろいろと調べた感想としては、夜はライトアップされるし夜景が綺麗だという口コミがあったので、夜暗くなってから乗るのがオススメです!

料金は1人1回25ドルで、2回目は15ドル、特に予約は不要で、営業時間は12時から24時となっています。

球体のシートに乗り込んで逆バンジーをするわけですが、体重の関係で1人では乗れず、2人でしか乗れないので注意です。

アクセスは、タモンの中心エリアにあるTギャラリアからは徒歩2分くらいなので、近くのホテルなどからも歩いて来られますし、シャトルバスの場合は「TギャラリアbyDFS」または「サンドキャッスル/ハイアットリージェンシー前」で下車してすぐです。

+1 671-646-7468
1180 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム


(5)グアム最大のクラブで夜のグアムを楽しむ!「グローブ(GLOBE)」

「グローブ」は1990年にオープンしたグアム最大のクラブで、これまで100万人以上が訪れており、曜日によってDJセレクトがかわり、週末ともなれば1000人ほどのお客さんで溢れるほどの人気夜遊びスポットです♪

夜遊びスポットと言っても、グローブはシカゴの有名デザイン会社によってデザインされ、「Bestナイトクラブ」に選ばれたこともあり、サンドキャッスルを運営している会社と同じ会社なので、安心して遊べる場所なんです(*^^*)

客層としては、観光客が多い日もあれば軍人さんが多い日もあったり、現地の若者が多い日もあるようですが、だいたい人が多くなってくるのは23時頃からだそうですよ。

グアムでしか味わえないグローブでの夜を思いっきり楽しみたいですね!

ただ、グアムでお酒が飲めるのは21歳以上と決まっているため、年齢に満たない人はお酒は飲めないので注意が必要です。

18歳以上なら入場はできるのですが、入場時にはパスポートなどの身分証明書が必要になるので気をつけましょう!

また、ドレスコードはカジュアルやドレスアップとなっており、クラブだからと言って日本のクラブのように肌の露出が多い水着やビーチサンダル、男性の場合はタンクトップなどはNGなので、注意してください。

ドレスコードについてはこちらのページグアムのロイズなどのレストランで「ドレスコード」が必要?カジュアルなものはOK?そもそもドレスコードとは?グアムのホテルやレストランの男女別おすすめドレスコードへどうぞ。

そのほかグアムの法律についてはこちらのページグアムの飲酒のルールは?購入できる年齢と時間、場所、罰則は?免税範囲で日本に持ち込みできるのはどれくらい?グアムでお酒を飲むのにオススメのクラブやバーは?へ。

料金に関しては、入場券のみなら10ドル、入場券のほかワンドリンクとホテルまでの往復送迎付きで24ドル、入場料とVIP席と往復送迎付きだと50ドルとなっています。

送迎付きにすると、学生だったりまだ若い子だけだったり、女の子同士での来店など、時間が遅くなっても安全にホテルまで帰ることができるので、送迎付きのものを選ぶようにしましょう♪

グローブの場所は、Tギャラリアの向かい側のハイアットリージェンシーホテルの隣にあるので、タモン地区のホテルからなら徒歩でもいけますし、シャトルバスの場合は「サンドキャッスル前」で下車します。


グローブ 公式サイトはこちら
+1 671-646-8000
1199 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96910 グアム


(6)グアムのローカルの雰囲気を肌で感じられる「チャモロナイトマーケット」

チャモロナイトマーケットとは、毎週水曜日の夜だけハガニア地区のパセオ公園にある「チャモロビレッジ(Chamorro Village)」で行われるナイトマーケットで、観光客だけではなく地元の人も多く訪れます(*^^*)

たくさんの屋台が出店し、グアムならではのグルメが食べられたり、雑貨や衣類などが販売されていたり、中心部では音楽演奏やダンスショーがあったりチャモロの伝統文化が体験できる場所です♪

グアムならではのローカルフードを食べ、冷たいココナッツを飲みながら、日本とは一味違った屋台の雰囲気を楽しめるので、とってもオススメですよ(*^^*)

屋台には、バーベキューや串系、チャモロ料理のプレートなどさまざまで、食べ盛りの若者の食欲を満たしてくれるものばかり!

しかも串系は1ドル前後から、プレート系料理は8ドル前後から売られているので、予算10ドルもあればお腹いっぱいになると思いますよ♪

グアム地元の人たちに混ざり、一緒に盛り上がること間違いなしです!

特に人気のお店は、「クジナン アリ(Kusinan ARI)」というプレート料理のお店や、「アス スモークハウス(Asu Smokehouse)」などです。

時間は、毎週水曜の17時頃から21時30分頃までなので、水曜日にちょうどグアムに滞在している人は、ぜひ行ってみてくださいね!

アクセスは、Tギャラリア付近からは「チャモロビレッジナイトシャトル」に乗ってシャトルバスで20分ほどで着いてしまいます。

旅行会社のツアーでは、シーグリルのレストランでの食事とチャモロビレッジナイトマーケットでの自由行動と送迎がセットになった1人45ドルのツアーもあります。

153 Marine Corps Drive Suite 201 Hagatna, Guam



日本最大級の海外レストラン予約サイト「グルヤク」公式サイトはこちら

(7)宿泊者は無料で遊べる!1日いても飽きない「ウォーターパーク」

グアムには、3大ウォーターパークと呼ばれる人気のウォーターパークが3つあります。

グアムプラザリゾート&スパ内にある「ターザウォーターパーク」、オンワードビーチリゾートのミクロネシア最大級のウォーターパーク、パシフィックアイランドクラブのウォーターパークです♪

宿泊者はウォーターパークが宿泊期間中無料で遊べるなどの特典があり、ウォーターパークの利用代金が節約できるので、もちろんそういった特典目当てにホテルを選ぶのもいいと思いますよ(*^^*)

もちろん宿泊者以外も、料金を払えばウォーターパークで遊ぶことができます。

料金は、例えばターザウォーターパークの場合は大人30ドルで、この金額で1日遊べることを考えると、かなりコスパがいいと思います。

ウォーターパークは、スライダーなどの絶叫系アクティビティも多くあり、みんなでワイワイと1日はしゃぎまくるのも、素敵な思い出作りになりそうです♪

ウォーターパークについてはこちらのページプールやスライダー!子連れにも嬉しいグアムのおすすめウォーターパーク比較!ターザ、pic、オンワードなどホテル宿泊者は無料?ビジター利用できるのは?アクセス方法や料金(値段)や申し込みで割引がある所を紹介!でもお話しています。

●リゾート・オンワード・ウォーターパーク(Resort Onward Waterpark)
リゾート・オンワード・ウォーターパーク 公式サイトはこちら


●ターザウォーターパーク(Tarza Water Park)
ターザウォーターパーク 公式サイトはこちら

●パシフィック・アイランド・クラブ・グアム(Pacific Islands Club Guam)
パシフィック・アイランド・クラブ・グアム 公式サイトはこちら


海外旅行にしてはリーズナブルな料金で楽しめるグアム!

今だからこそみんなでワイワイと綺麗なビーチで遊んだり、ボリューミーなグアムの料理をお腹いっぱい食べたり、マリンスポーツで友達と大はしゃぎしたり、仲間とグアムを思いっきり楽しんできてくださいね♪(*^^*)



現地でインスタに写真をUPしたり、友達とラインしたい人はしっかりとインターネットについても考えておきましょう!
詳しくはこちらグアム旅行で安心してインターネットを使いたい人向け!オススメの海外専用WiFiレンタルランキング!料金や使い方やメリット、選ぶポイントなど!ワイホーやイモトのWiFi、グローバルWiFiなどの人気レンタルサービス!へ。