グアムは、カップルや友達、家族連れファミリーなど多くの人に人気のある観光スポットですね♪

例えばハワイは飛行機で8時間前後かかってしまいますが、グアムの場合は飛行機で片道3時間弱と、海外の人気観光地でありながら移動が短時間で済むので、小さい子供がいても、負担がかなり少ないのが嬉しいですよね!

ということで、グアムって特に子供連れファミリーにオススメなんですよ!

グアムって、もちろん綺麗な海で遊んだりするのもいいですが、もっと子供と一緒に楽しめるような場所に連れてってあげたり、子供が喜ぶような観光スポットに連れてってあげたいと思うのは当然のことです♪

また、「子供がいても、せっかくの旅行だからたっぷりとグアムを満喫したい」、「家族の思い出作りになるような所に行きたい」という気持ちもあると思います。

そこで、子供連れのグアム旅行で、子供も大人も楽しめるオススメの観光スポットを紹介していきます!(*^^*)



子供連れグアム旅行のオススメ観光スポットランキング!

(1)小さい子も安心して楽しめる!グアムの3大「ウォーターパーク」

小さい子供がいる家族連れにとってもおすすめなのが、グアム3大ウォーターパーク。

グアムプラザリゾート&スパの「ターザウォーターパーク(Tarza Water Park)」、パシフィックアイランドクラブグアム(PIC/Pacific Islands Club Guam)のウォーターパーク、オンワードビーチリゾートのウォーターパーク(Resort Onward Waterpark)の、3つの大型ウォーターパークです♪

ウォーターパークなら、海のように波の流れや深さなどを気にしないで遊べますし、パパママも安心できるのではないでしょうか?(*^^*)

スピードシュートなど大人も楽しめるようなスライダー系や、監視員もいる子供用の浅瀬プールや流れるプールなどいろいろあって、1日遊んでいても飽きないですし、それこそ幼児から小学生、中学生、高校生など、年齢問わず楽しめる楽しめると思います!

それに、海とは違ってシャワールームやトイレ、ロッカールームなどの設備もしっかりと整っていたり、子供用ライフジャケットが無料で借りられたりと、まさに子連れ向きです♪

しかも、例えばグアムプラザリゾート&スパに宿泊した人は、宿泊期間中無料でターザウォーターパークが利用できたりするので、ホテル選びもまだの人は、そういう点からホテルも選んでみるといいと思います。

ウォーターパークの料金は、ターザウォーターパークの場合は大人30ドル、5歳から11歳の子供は15ドル、幼児は無料など、どこのウォーターパークも1日遊べることを考えるとそれほど高くない料金設定だと思います。



どのウォーターパークもホテル敷地内にあり、食事やアクセスにも困らないですし、ホテル敷地内にある施設ということで安心して遊べるというメリットもあります。

ウォーターパークに関しては、こちらのページプールやスライダー!子連れにも嬉しいグアムのおすすめウォーターパーク比較!ターザ、pic、オンワードなどホテル宿泊者は無料?ビジター利用できるのは?アクセス方法や料金(値段)や申し込みで割引がある所を紹介!も参考にしてください♪

●ターザウォーターパーク(Tarza Water Park)
132 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96911 グアム


●パシフィック・アイランド・クラブ・グアム(Pacific Islands Club Guam)


●リゾート・オンワード・ウォーターパーク(Resort Onward Waterpark)
445 Gov Carlos G Camacho Rd, Tamuning, 96913 グアム


(2)海に入れなくても楽しめる!入ったらもっと楽しめる!「フィッシュアイマリンパーク(Fish Eye Marine Park)」

海に潜ったり泳げない子や泳ぐのを嫌がる子にもオススメなのが、「フィッシュアイマリンパーク/フィッシュアイ海中展望塔」です。

歩いて通れる長い桟橋を渡り、沖合300mに建てられた海中展望台に行ってらせん階段を降りると、そこでは水に濡れなくても24枚の大きな海中観察窓から、さまざまな熱帯魚が泳いでいる水深10mの本物の海中世界を360度見ることができます

このあたりの海はピティ湾海洋保護区になっているので、サンゴ礁なども100種類以上と豊富に生息しており、観察窓には餌付けステーションが設置され、クマノミやチョウチョウウオなど200種類以上のたくさんの魚たちが集まってきます♪

子供が0歳や1歳などで赤ちゃんだったり、「海デビューはまだ早いけどグアムの綺麗な海の中を見せてあげたい」とか、「自分たち親はあまり海で泳ぐのが得意じゃないからダイビングとかはちょっと心配だから、海に入らなくても楽しめるものを」という人にもピッタリです!

しかもこのフィッシュアイマリンパークは、トリップアドバイザーの口コミで一貫して高い評価を得ている施設に授与される「エクセレンス認証」を2年連続で受賞しており、年間18万人が訪れるほどの人気スポットなんです。

また、フィッシュアイマリンパークでは海中展望塔見学ツアーだけではなく、竜宮城シュノーケリングやダイビング、遭遇率90%以上のイルカウォッチングなどのマリンスポーツが楽しめたりします♪

”海に入っても入らなくても十分にグアムを楽しめる”というのが、この施設の良さだと私は思います(*^^*)

小学生や中学生くらいなら、海中展望塔だけではなくマリンスポーツのほうが楽しんでくれるかもしれませんね。

フィッシュアイマリンパークはオプショナルツアーでの利用がオススメです。

海中展望塔見学ツアーは通常料金が大人は26ドル、子供13ドルで、ランチ付きだと大人40ドル、子供20ドル、早割だともっと安くなります。

そのほか、ポリネシアンディナーショーやサンセットクルーズとディナーショーのオプショナルツアーなどもあります。

オプショナルツアーについてはこちらグアム旅行のオプショナルツアーやアクティビティの人気ランキング!JTBやHIS、楽天などの予約方法や料金(値段)や参加のメリットは?現地で申し込める?子供や家族連れにもおすすめなのは?へ。



私もグアム旅行でこちらのフィッシュアイマリンパークにシュノーケリングのオプショナルツアーで行きました!


橋で渡れるから、船酔いとかしちゃって船は苦手な人でも安心です!


スタッフの人たちがすぐ近くにいてくれるから、全然怖くないです♪


こんなに綺麗な魚がたくさん!水面にぷかぷか浮いているだけでも楽しい!

大人から子供まで楽しめるので、どのツアーもとってもオススメですよ!(*^^*)

フィッシュアイマリンパーク公式サイトはこちら


(3)グアム唯一の水族館は天気に関係なく遊べる!「アンダーウォーターワールド(UnderWater World)」


アンダーウォーターワールドは、グアムで唯一の水族館で、なんといってもTギャラリアDFSの向かいの、タモンのほぼ中心部のザ・プラザ内にあるので、アクセスがとても便利なんです。

サメやエイなど100種類以上のさまざまな魚が泳ぐ、世界でも珍しい全長100mの巨大トンネル式アクアリウムが1番の見どころです♪

赤ちゃんのベビーカーを押しながら見て回ることができるので、親の負担も少ないですし、なんと言っても室内なので、ちょっと暑さにバテ気味の時や、雨の日なども天気に関係なく観光できるため、スケジュールに組み込みやすいことがメリットです♪

いろんな魚が見られる「オーシャンサファリ」とランチやディナーがセットになったツアー、メインタンクでは水槽の中を歩けるシートレックヘルメットダイビングや、トンネル式水族館でサメと一緒に泳げる「ダイブウィズザシャーク」などのツアー、地図やヒントから海中に隠された宝物を探す「トレジャーハント」など、子供が楽しめそうなコースがたくさんありました。

オーシャンサファリという普通の水族館見学は、10時から18時となっており、ランチやディナー付きもいいですね。



アンダーウォーターワールド公式サイトはこちら
1255 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム


(4)レンタカー必須の穴場スポット「イナラハン天然プール(Inarajan Natural Pool)」

こちらはプールという名前がついていますが、ここは波や風、溶岩で外海とせき止められたことによって自然に出来た、天然のプールです(*^^*)

プールといっても海水なので、潜ると魚が泳いでいて、見るだけの観光スポットとしてはあまり楽しめないかもしれませんが、実際に泳いで遊ぶには十分楽しめる場所です♪

口コミでは、「水の透明度も高くて魚もたくさんいて楽しかった!」、「浅い場所と深い場所があって子供にも大人にもいい、家族でゆっくりシュノーケリングが楽しめた」、「昼間は観光客の人や地元の人が結構遊んでいた」などがありました。

以前は飛び込みをして遊べたりもしたようですが、現在は飛び込みは禁止になっています。

天然の遊び場なので利用料金は無料で、トイレやシャワーもあり、着替えやタオル類を持っていけばバッチリですね!

イナラハン天然プールの場所は、グアム島南東部のイナラハン村という地区にあり、駐車場はあるのでレンタカーでのアクセスとなります。

だいたいタモンの中心エリアからは車で30分ほどで着くので、それほど遠くもなくドライブがてら家族で出かけてみるのもいいですね。

イナラハン天然プールの目の前のお店で飲み物やシュノーケリンググッズなどが売っており、その横にはランチが食べられるお店がオープンしたそうなので、以前より利用しやすくなっています。

ただ、レンタカーで自分たちで行く時には、荷物を外から見える所に置かないなど車上荒らしに気をつけたほうが良さそうです。

レンタカーについてはこちらグアムでレンタカーを借りたい!レンタカーの借り方や返し方とガソリンの入れ方を紹介!ホテルや空港など現地で借りられる?事前予約出来る?追加の保険はどうするべき?保険の内容解説へ。

これはどの地区にいても同じですが、昼間などは観光客も多くて人目があるので大丈夫だと思いますが、木などで自分たちから見えにくい場所には車を止めないようにしたり、明るい時間帯だけ遊ぶなど、海外は日本とは違って所持品の扱いには十分注意するようにしましょう♪



(5)大人も絶叫できる「タガダ・グアム・アミューズメントパーク(Tagada Guam Amusement Park)」

ここは、タモンの中心部から北に進んだ場所にある、グアム唯一の遊園地で、「タガダパーク」とも言われています(*^^*)

遊園地と言ってもアミューズメントは「タガダディスコ」、「バイキングシップ」、「バンパーカー」の3つしかありません。

が、しかしバイキングシップは乗車時間が長く、かなり高いところまで上がるのでスリルがあり、バンパーカーはぶつかり合いながら自由にカートを運転できてなかなか楽しめます。

またタガダパークの1番の目玉であるタガダディスコは、DJのようにスタッフが盛り上げる中、円盤型のアトラクションに乗って体が固定されていない状態で、高速回転したり揺さぶられたりしながら遊ぶものです。

これがまた「かなりクレイジーでおもしろい!」、「スタッフの人が日本語が話せて盛り上げ方が上手い!」と意外と高評価なんですよ(笑)

ちょっと料金はお高めだけど、大人も子供もすごく楽しめてオススメだと口コミでも人気があります。

なかには、「食後に乗るのは後悔する」という体験談もあるので、行くなら食事の後はやめておきましょう(笑)
予想以上に振り回されるため、女性の方はスカートでは行かないほうがいいそうです。

遊園地そのものの入場は無料となっているので、まずは見学だけって感じで入ってみるのもいいと思います。

遊ぶ場合はアトラクションごとに料金が発生するシステムで、チケットブースでチケットを購入します。

タガダディスコは大人10ドルで子供は5ドル、バイキングシップは大人8ドルで子供は4ドル、バンパーカーは大人6ドルで子供は3ドルとなっています。

全て乗りたい方は、3ライドパッケージチケットが20ドルで売っているので、そちらがオススメです。

オープンする時間は平日だと16時半から、土日は15時半からとかなり遅めではありますが、23時までやっているので、なにか他のスケジュールの空き時間に立ち寄ったりしてもいいですね。

場所はパシフィック・プレイスの隣にあり、タモンの中心エリアのTギャラリア付近から徒歩だと5分くらいで行けてしまいます。

シャトルバスで行く場合は「パシフィックプレイス」で下車して徒歩3分くらいです。

Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム
+1 671-858-7000


(6)大人も子供もどちらも嬉しい?!「マイクロネシアモール(Micronesia Mall)」

マイクロネシアモールは、いろんなショップが入ったショッピングモールで、私もグアム旅行中はマイクロネシアモールが大好きすぎて2回も行ってしまいました(笑)

1回でもマイクロネシアモールに行けば、その良さというかハマる理由がわかってもらえると思います。

もう服や水着、ファッション小物とかすごく安いし、子供服もすごいたくさんあって、見きれないくらいです。

いやいや、「ショッピングだと大人は楽しいけど子供は飽きちゃうでしょ」と思うかもしれませんが、実はマイクロネシアモールはショッピングセンターだけではなく、建物の2階に「ファンタスティックパーク(Fantastic Park)」という屋内アミューズメントセンターがあります♪

ここでは、メリーゴーランドやバイキング、ティーカップ、カートなどのミニ遊園地になっており、そのファンタスティックパークの奥には幼児向けのプレイランドもあります。

「ここで遊ぶ代わりに後でママたちの買い物にも付き合ってね?」という条件にも使えます(笑)

ファンタスティックパークは、1枚2ドルのチケットを乗り物利用に必要な枚数分、チケットカウンターで購入する形になり、ジェットコースターやカートはチケット4枚(8ドル)、メリーゴーランドはチケット2枚(4ドル)です。

すごい安いわけではないですが、子供も大人もメリットがあっていいかもしれませんね!

マイクロネシアモールへは、タモン中心部からはシャトルバスで「マイクロネシアモール」で下車するだけなのでアクセスは簡単ですし、駐車場もあるのでレンタカーでも行きやすいです。

マイクロネシアモールについてはこちらグアムで買い物!服を買うのにおすすめ&安いショッピングモールは?レディース&メンズ&キッズも!服のサイズの見方も!「マイクロネシアモール」、「グアムプレミアムアウトレット」、「アガニアショッピングセンター」など!アバクロンビー&フィッチが買えるのは?へ。



マイクロネシアモール公式サイトはこちら


ここまで観光スポットの紹介をしてきましたが、グアムは子供も大人も楽しめる遊び場がたくさんあるので、ぜひ家族で思いっきり楽しんできてください♪

また、いろいろ迷ってしまう方は、家族そろってオプショナルツアーなどにも参加してみてはいかがでしょうか?(*^^*)

オプショナルツアーとかだと、宿泊しているホテルから送迎がついているものが基本なので、レンタカーがないと行くのが難しいところにも行けるし、目的地までのアクセスを考えなくてもいいので本当に便利です。

送迎があるだけでも、移動中は親は休んでいられるので、旅行中の貴重な大人の休憩時間になりますし、何かあったときにはスタッフの人にすぐ聞けたりする安心感もありますよね。

オプショナルツアーについてはこちらのページグアム旅行のオプショナルツアーやアクティビティの人気ランキング!JTBやHIS、楽天などの予約方法や料金(値段)や参加のメリットは?現地で申し込める?子供や家族連れにもおすすめなのは?でお話しているので、参考にしてください(*^^*)