ホテルニッコーグアムは、”全室オーシャンフロント”のホテルとして人気が高く、また日系ホテルのため、日本人観光客にも人気が高いですね(*^^*)

ホテルの写真を見ると、その特徴的でユニークなホテルの外観をしており、グアムの他のホテルとはまた違った豪華さが感じられます。

大手旅行会社であるJTBやHISなどのグアムツアーなどでも、航空券とホテルニッコーグアムの宿泊プランがありますし、「どんなホテルなのかな?」と気になってこのページにたどり着いた人も多いと思います。

そんなホテルニッコーグアムの、ホテルの客室の種類や眺め、アメニティ、ホテル内のレストランや人気の朝食、そしてプールや目の前のビーチ、アクセス、プレミアムラウンジなどについて紹介していきたいと思います(*^^*)

実際に宿泊した方の口コミもまとめていますので、ぜひホテル選びの参考にしてくださいね!



ホテルニッコーグアムの立地や周辺情報

ホテルニッコーグアムはJTBのホテルグレードによるとAグレードで、グアムの数多いホテルの中でもランクが高めのホテルです。

立地的には、タモンビーチの北の端にあり、グアム国際空港までは車で約15分の場所にあります。

地図を見てもわかりますが、タモンのメインストリートに面していながらも、海に沿った建物の建ち方をしているため、ホテルの客室は全室オーシャンビューというメリットがあります(*^^*)



ただ、場所的にはタモン中心部であるザ・プラザやJPスーパーストア付近からは少し離れているため、「アクセスは悪いのかな?」と心配になる人もいるかもしれません。

ホテルニッコーグアムから、例えばJPスーパーストアまでは、車なら約4分ですが、徒歩だと15分ほどかかってしまいます。

私もグアム滞在中にこの道を徒歩で歩いたことがあるんですが、道は1本道なので迷うことはないですが、歩くとなると結構遠かった思い出があります(;・∀・)

ホテルから徒歩でショッピング街へ行くのも無理ではないですが、シャトルバスならバス停3つ分でTギャラリアまで行けますし、ホテル前にシャトルバスが停車しますので便利だと思います。


シャトルバスは、DFSが運行している「DFSシャトル」または、JTBなどの「赤いシャトルバス」の利用がオススメです♪

シャトルバスについてはこちらのページグアムでの移動手段・交通手段は?赤いシャトルバス、タクシー、レンタカーのメリットとデメリット!空港とホテルの無料送迎がない場合はタクシー?歩行者や交通ルールなど注意することは?を参考にしてください。

ホテルニッコーグアムの部屋種類やアメニティ



ホテルニッコーグアムの客室は全492室で、部屋タイプはホテルの4階から6階がオーシャンフロント(ツインルーム/トリプルルーム)、7階から11階がオーシャンフロントデラックス、12階から15階がオーシャンフロントプレミア、6階から10階にオーシャンフロントスイート、11階から15階にオーシャンフロントプレミアスイート、8階と10階にオーシャンフロントプレミアエグゼクティブスイート、9階にプレジデンシャルスイートがあります。

ホテル内はタモン湾側のエレベーターと、恋人岬側エレベーターに分かれています。

先程お話したように、”全室オーシャンビュー”のホテルのため、どの部屋を選んでも窓いっぱいのオーシャンビューが見られるのが、このホテルのポイントです(*^^*)

タモン湾側の部屋は、タモンビーチとホテル街のリゾート感溢れる景色、そしてガンビーチ側は恋人岬と自然あふれる景色が見られます♪

すべての部屋にバルコニーがついているので、景色は十分に楽しめると思います!

特に眺望にこだわりたいのであれば、オーシャンフロントプレミアやオーシャンフロントプレミアエグゼクティブスイート、プレデンシャルスイートなどがオススメです。


また、小さい子供がいる家族連れには、土足厳禁の「ハッピーキッズルーム」もいいと思います。

アメニティに関しては、シャンプーやコンディショナー、石鹸、歯ブラシ、かみそり、ドライヤーなどの基本的なものはすべて部屋に揃っているようです。

また、プレミアルームや各種スイートに宿泊している人だけの特別サービスである「プライオリティサービス」があり、例えば優先チェックインレーンが利用できたり、ウェルカムドリンク、ホテルレストランでの優先席での食事、専用駐車場の利用、日本語対応スタッフによるサポート、そして2018年4月よりグレードアップされたプレミアムラウンジが利用できます。

プレミアムラウンジでは、7時から21時までの間いつでも利用できて、7時から10時は朝食タイム、10時から17時はスナックタイム、17時から19時はカクテルタイムと、その時間帯に応じたサービスが受けられます。


朝食では、ヨーグルトやフルーツジュース、おにぎりや味噌汁、自家製パンなどのビュッフェスタイルで、スパークリングワインも人気での1つとなっていて、スナックタイムでは各種ドリンクやナッツ、クッキー、お菓子などのスナック類の提供、カクテルタイムにはアルコールやおつまみ、日替わりアイスクリームなどがあります。

金曜日と土曜日の17時から19時にはウクレレの生演奏もありますし、プレミアムラウンジではグアムで唯一キッズスペースがあり、子供から大人まで人気がありそうなメニューが豊富に揃っています(*^^*)

さらに、トリプルルームとデラックスルームの朝食付きプランを予約すると、4歳から11歳の子供は、ホテル1階のビュッフェレストラン「マゼラン」で滞在中何度でも使える「お子様ビュッフェフリーパス」がつくそうです。(0歳から3歳の子供は無料で食事OK)

子供がちょっとした時間にお腹が空いたときや、外食は好き嫌いが出てしまったときなどにとても助かりますよね!

ホテルニッコーグアム内の設備や特徴

ホテルニッコーグアムには、コンビニやロゴショップ、デューティーフリーズショップ、レストラン、スパ、プール、レンタカー、そしてJTBやJALなどの旅行会社のカウンターなどがあります。

プールには、グアム一長いウォータースライダー、身長に合わせて利用できるキッズとベビー用の子供用プールが2種類、もちろん大人専用のプールもあり、家族で楽しめますね!

ホテル内のレストランは、日本料理の「弁慶」、ビッフェレストランの「マゼラン」、中国料理の「桃李」の3つで、レストランの料理長は全員日本人、カフェや軽食には「ロビーラウンジ・ファウンテン」、「ブーゲンビリア・プールバー」、「桃李BAR」があります。

そのほか、「サンセット・ビーチ・BBQ」や「ニッコーマジック&イリュージョンショー」などのエンターテイメントも楽しめます!

ホテルニッコーのレストランやザ・ビーチはかなり人気なので、事前にしっかり予約するほうがいいですよ。
詳しくはこちらグアムのレストラン予約は「グルヤク」がオススメな理由!グアムのレストランは予約なしでも大丈夫?予約は必要?手数料は無料ではない?jtbやhisなどのオプショナルツアーとどっちがいい?へ。

ガンビーチというホテル横のビーチは、シュノーケリングなども楽しめますし、タモンビーチよりもビーチはあまり混んでいないそうなので、プライベートビーチのような感じで遊べますね。

ビーチレンタル用品は、浮き輪やフロート、シュノーケリング、カヤックなどの取り揃えがあり、タオルやライフジャケット(子供用もあり)は無料貸し出しだと書かれていましたので、海遊びにも困らなさそうですね。

ホテルにはプレイルームやプレイグラウンドなど子供向けの施設も充実しているので、子供が1日飽きずに遊べるホテルだと思います(*^^*)

その他ホテルニッコーグアムには、クリスタルチャペルなどのチャペル挙式やウェディングのパーティ会場もあります。

インターネット環境については、ホテルの全室で無料でワイファイが利用できます。

ただ、ホテルの外ではホテルのWiFiは使えないので、海外WiFiレンタルがオススメです。
詳しくはこちらグアム旅行で安心してインターネットを使いたい人向け!オススメの海外専用WiFiレンタルランキング!料金や使い方やメリット、選ぶポイントなど!ワイホーやイモトのWiFi、グローバルWiFiなどの人気レンタルサービス!へ。

また、日系ホテルなだけあって、日本語スタッフがいるので「英語はあまりしゃべれないけど大丈夫かな?」というような言葉の心配がなく、安心して過ごせると思います。

ホテルニッコーグアムに宿泊した人の口コミまとめ!どんな人にオススメ?

ホテルニッコーグアムに実際に宿泊した人の口コミには、「部屋にいてもずっと波の音が聞こえていて、すごく癒やされた。波の音まで聞こえるホテルなんて珍しい」、「部屋も清潔感があってよかった」、「ホテル前のビーチが魚がたくさんいてシュノーケリングが楽しかった」、「ベランダに灰皿があって喫煙者にも良かった」、「繁華街から離れていて静かで良かった」、「タモンビーチの夜景が最高」などがありました。

口コミでは、やはりそのホテルニッコーグアムの全室オーシャンビューならではの立地や、プライベートビーチのようなホテル前ビーチに関するものが多かったです(*^^*)

日系ホテルならではのサービスに対しても評価されていました。

海外が初めての人にも安心かもしれませんね!

ホテルニッコーグアムに宿泊する旅行会社のツアーについて

ホテルニッコーグアムに宿泊する旅行会社のツアーを調べてみました。

例えばJTBの場合、ティーウェイ航空を利用したホテルニッコーグアムのオーシャンフロントトリプルルームの2名1室の3泊4日で、1人10万円から15万円前後となっています。

客室タイプがオーシャンフロントデラックスや、コネクティングルーム、ハッピーキッズルームなどでも、それほど金額に大きな差はありませんでした。

次にH.I.S.の場合、チェジュ航空を利用したホテルニッコーグアムのオーシャンフロントツインの部屋で3泊4日の2名1室の場合1人9万5千円前後で、部屋タイプがオーシャンフロントデラックスの場合1人10万円前後、またはSPLプレミアというラウンジアクセスとレアレアトロリー1日乗車券付きの客室だと1人11万円前後でした。

JALでも、JAL(日本航空)を利用した、ホテルニッコーグアムに宿泊するツアーが出ていて、オーシャンフロントの階層指定なしの3泊4日で、1人10万円前後でした。

もちろん、旅費に関しては旅行の時期や曜日、利用する航空会社、飛行機の時間、ヘアタイプ、部屋の利用人数などによっても異なりますので、私が調べた時点での参考程度になります。

安心の日系ホテルで、全室オーシャンフロントの客室で思い出に残るグアム旅行を楽しんできてくださいね(*^^*)

245 Gun Beach Road, Tamuning, 96931
03-6743-6580
ホテルニッコーグアム 公式サイト