グアムは、日本からたったの約3時間ほどで行けてしまう、気軽に行ける海が綺麗な南の楽園として、昔から日本人観光客に人気がありますよね!(*^^*)

海外旅行は慣れっこな方も、海外旅行もグアム旅行も初めての方も、せっかくグアムに訪れるわけですから、ひとりなんて関係なくグアムの素晴らしさをぜひ感じてきてもらいたいです♪

比較的日本語も通じますし、グアムの人たちは明るく陽気で親切な方が多かったので、普段の生活から離れて思いっきり現実逃避ができる場所だと思いました!

日頃のストレスも忘れて、誰のことも気にしないで、青い海と青い空、ヤシの木を眺めながら、白い砂浜でボーッとする時間は、とても貴重なリラックスタイムになること間違いなし!

そんな一人旅でのグアム旅行を考えている女性や男性のために、あまり混雑していない綺麗なビーチなど、おすすめの観光スポットや、1人で参加しても周りが気にならないオプショナルツアーを紹介しようと思います!

ちなみにひとり旅のグアム旅行の予算やホテル選び、おすすめのレストランについてはこちらのページグアム旅行の一人旅(女・男)にオススメのホテル選び、食事におすすめのレストランはどこ?1人旅の予算と費用、旅行会社のツアーは?ひとり旅は寂しい?1人の場合気をつけることは?でお話していますので、そちらもぜひ読んでみてくださいね♪



一人旅の人にオススメのグアムの観光スポット

ではここから、ひとり旅におすすめのグアムの観光スポットを紹介していきます!

(1)大自然の中でグアムの違う一面を肌で感じる「タロフォフォの滝公園(Talofofo Falls Park)」

グアム南部にあるタロフォフォ川の支流にあるタロフォフォの滝は、高さ9m、幅20mもの大きさで、グアム最大級の大迫力の滝です(*^^*)

滝のあるジャングルは公園なっていて、大自然を味わうことができます♪

滝付近まではミクロネシア唯一と言われる「ロープーウェイ(ケーブルカー)」を利用して行くことになり、滝は第一の滝と第二の滝の2つがあり、どちらもケーブルカー乗り場から歩いていけます。

公園内にはミニ遊園地やグアム歴史館、野外射撃場、おばけ屋敷、展望台、ギフトショップ、食堂、休憩所、横井ケーブなどがあります。

「横井ケーブ(Yokoi Cave)」とは、このタロフォフォの滝以外のこの公園の見どころとも言える場所で、元日本兵の横井庄一という方が、太平洋戦争があった時代から約28年間、終戦を知らないで潜伏生活を送っていたとされる洞穴が再現されています。

この横井ケーブと、グアム歴史館の見学は入場料に含まれているそうで、それ以外の施設は別途料金がかかることもあるようです。

園内では案内が日本語で書かれているのでわかりやすいですし、ゆっくりとグアムの自然を味わうにはいい場所だそうです。

ただ、口コミには寂れた雰囲気もあるので期待しすぎない方がいいとも書かれてあります(笑)

料金は、12歳以上の大人は20ドル、4歳から11歳までの子供は8ドル、3歳以下の幼児は無料となっており、入場ゲートで料金を支払います。
営業時間は9時から17時半です。

タモンからは車で約1時間くらいですが、シャトルバスなどではいけないため、レンタカーやHISなどのツアーを利用して行くことになります。

ツアーの場合は、タロフォフォの滝だけに行くツアーではなく、「グアム島一周観光ツアー」として恋人岬やイルカウォッチング、昼食などがセットになっているので、いろいろ見て回れていいですね♪

ツアーだと昼食がついて1人75ドル前後でホテル送迎付きでした。

HC 1 Box 17067 Inarajan, GU 96915
671-828-1150


(2)周りに気を使わなくて済む静かな雰囲気が最高「イパオビーチ(Ypao Beach Park)」&「マタパンビーチ」

タモンビーチはタモンの中心エリアにあって、どんな時間帯に行っても人が多くて混雑していて、ワイワイがやがやとしている感じなので、1人の場合はタモンビーチよりも静かなイパオビーチとそのお隣にあるマタパンビーチなんかがオススメです。



イパオビーチやマタパンビーチは、海の透明度が高くて海遊びやシュノーケリングにもピッタリで、しかもそれほど人が多くなくチラホラといる程度なので、周りを気にせず気兼ねなく過ごすことができます♪

ビーチで青い海を眺めながら、自分だけの時間を、満足するまで堪能できちゃいます(*^^*)

こういう時間は、日頃の疲れを癒やしてくれますね♪


タモンビーチと比べると全然人がいないw

ひとり旅の場合、海で遊ぶ時には荷物の管理には気をつけてもらいたいですが、イパオビーチはとにかく人が少ないので、不審な人がいてもすぐに気付けますし、ライフセーバーさんもいますよ。

グアムに1人で遊びにきた人も、結構イパオビーチは定番の観光スポットのようで、みなさんそれぞれビニールシートを敷いて海でまったりしたり、持参したシュノーケリングセットで海で遊んだりしていました。



マタパンビーチは、イパオビーチの隣にあるビーチで、こちらものんびりとした雰囲気が素敵で、ヤシの木などがビーチ沿いに生えていて、インスタ映えしそうな写真も撮ることができます(*^^*)

ぜひ、イパオビーチを散歩しながらマタパンビーチのほうにも行ってみてください♪

イパオビーチの場所は、ヒルトングアムとPICの間あたりにあり、タモンエリアからだとシャトルバスで「イパオパーク/GVB」で下車してすぐです。

イパオビーチについてはこちらリゾート感を満喫できる!私も行ったグアムのおすすめビーチ厳選ランキング!タモンビーチやイパオビーチなどの地図や行き方、シュノーケリングスポットも紹介!無料ビーチと有料プライベートビーチのココパームガーデンビーチ!へ。



(3)極上スパやエステで、自分へのご褒美タイム

南国グアムの開放的な雰囲気のなか、ぜひ日頃の疲れやストレスを癒やす、スパやエステを体験してみてはいかがでしょうか?(*^^*)

スパやエステとかって、女子旅など女友達同士での利用なら気が合いそうですが、彼氏や旦那さん、家族と行く場合など、男性がいるとどうしても付いてきてもらいずらかったり(笑)

一緒にきていて別行動ってわけにも行きませんし、子供がいたりしても退屈させてしまうので、とことん自分へのご褒美にお金と時間が使えるっているのも、ひとり旅のメリットです♪

グアムにはスパやエステ施設がたくさんあり、どこも世界のさまざまな国の高い技術を取り入れた極上のリラクゼーションが体験できます。

自分が宿泊したホテルに入っているエステなどでもいいですし、他のホテルに入っているお店を利用してもいいと思います(*^^*)

JTBなど旅行会社のオプショナルツアーとして申し込むこともでき、ホテルからスパへの往復送迎が付いていたりするので、移動にも困りませんし、帰り道がすっぴんとかでも人目を気にしなくて済みますね♪

グアムのスパで特にオススメなのは、次の6つです。

★「ラベンダースパ by ロクシタン(Lavender Spa by L’Occitane)」


ウェスティンリゾートグアム(The Westin Guam Resort)のホテル内1階に新しくオープンした、ロクシタンを堪能できる「ラベンダースパ」!

1976年に南仏のプロヴァンスで生まれたブランドの信頼性を大切し、伝統的なマッサージなど手技にこだわって、全ての施術に使用されるのは厳選された植物素材なんだそうです。

フェイシャルは60分130ドルから、スクラブ/ラップ/バスは45分110ドルから、ボディマッサージは60分120ドルからとなっています。

また、スパグアムの限定特別メニューとして、ボディマッサージ、フェイシャル、フットの全身トリートメント「トランクイリティースペシャル」75分で特別料金150ドルや、「イモーテルエッセンス」180分で特別料金380ドルなどがあります。

ラベンダースパ by ロクシタンの営業時間は9時から22時までで、16歳以上なら申し込むことができ、支払いは日本円でもドルでもクレジットカードでもOKとなっています。

ラベンダースパ by ロクシタン公式サイトはこちら


★「ナヴァサナ・スパ(navasana spa)」


アウトリガーグアムビーチリゾートのホテル内に2016年にオープンしたナヴァサナ・スパは、ポリネシア諸島など世界各国の伝統や特徴が生きるトリートメントを提供しています♪

ナヴァサナとは、ヨガのポーズにもあるサンスクリット語で「船のポーズ」という言葉からきていて、”心と体をリラックスさせ、元気づけてくれ、そして航海へと導いてくれる”というのが名前の由来だと書かれていました。

世界的的にも有名な「エレミス」という英国スパブランドのトリートメントなど、さまざまな種類のトリートメントが楽しめます♪

シグネチャースパジャーニーのナヴァサナエスケープは80分165ドルなど、フェイシャルコースは4種類あり60分129ドルから、マッサージコースは7種類あり25分65ドルから、ヒートアンドボデイセラピーは6種類あり、50分105ドルからとなります。

公式HPの専用フォームから申し込むと、期間限定ですべてのメニューが15%オフや25%になるキャンペーンがあり、今ならかなりお得にトリートメントが受けられます♪

営業時間は10時から22時で、16歳以上なら保護者なしで利用可能です。

ナヴァサナ・スパ公式サイトはこちら


★「スパバリ(Spa Bali)」


グアムプラザリゾート&スパのホテル内の5階にあり、バリでトレーニングを受けたセラピストが施術を行うという、グアムにいながら本格バリスタイルのトリートメントが受けられるのが、このスパバリです♪

店内の家具や音楽なども全てバリのもので統一された落ち着ける空間になっており、とってもリラックスできると思います(*^^*)

使用するオイルやスクラブ剤も、すべて特別にバリで調合されたものだそうで、”女性だけではなく男性もきっと満足できる”と書かれています。

マッサージ系メニューは60分103ドル、クリームバスは60分103ドル、ボディスクラブ&バスは60分103ドル、アルティメットフットバスは60分103ドル、そのほか3時間のパッケージやコンビネーションパッケージ、そして「チョコレートドリームパッケージ」というスパバリオリジナルのチョコレートスパが140分240ドルであります。

営業時間は9時から21時で、年中無休となっています。

スパバリ公式サイトはこちら
671-649-4772


★「オリーブスパリゾート(OliveSPA)」


日本で30店舗以上展開している「OliveSPA」というスパの海外初上陸店舗が、このグアムリーフオリーブ&スパリゾート内にあるオリーブスパリゾートです(*^^*)

日本発のスパなだけあって、日本の技術やおもてなしをそのままグアムでも実現しており、オールハンドの技術で贅沢な時間が過ごせます♪

日本人スタッフが常駐しているので、英語だけだとちょっと不安という方にも安心ですし、完全個室でタモン湾が一望できるのも嬉しいポイントで、口コミでは「雰囲気もロケーションも最高」だと書かれています。

全身アロマトリートメントは60分120ドルから、わがままコースは60分120ドルから、そのほかハンドマッサージ30分60ドル、デコルテマッサージ10分20ドル、フェイスマッサージ30分60ドル、ヘッドマッサージ10分20ドルなどがあります。

また、ハンドマッサージとフェイスマッサージは10分20ドルというコースもあり、ちょっと何かもう少しコースをプラスしたいときにもいいですし、その時の気分に応じて延長したりもできるみたいです!

営業時間は12時から24時で、定休日はありません。

オリーブスパリゾート公式サイトはこちら


★「アイランドセレナ(Island Sirena Spa)」


アイランドセレナは、ハイアットリージェンシーグアム内にある最先端の技術を取り入れたスパで、タモン湾のオーシャンビューの景色を眺めながらスパが受けられるため、グアムらしさを十分に感じられます♪

全員が美容ライセンス習得者で、受付スタッフは全員なんと日本人だそうで、肌の悩みなども日本語で相談できるのがいいですね!

メニューは、フェイシャルモイスチャー60分100ドルや、フェイシャルホワイトニング90分130ドル、ボディのセレナマッサージは60分85ドルから、ホットストーンは60分110ドルから、ボディスクラブは60分110ドルからなどがあります。

営業時間は10時から22時となっています。

アイランドセレナ公式サイトはこちら
+1 671 647 1234


★「スパアユアラン(SPA ayualam)」

スパアユアランは、ヒルトングアムリゾート&スパ内とホテルニッコーグアム内にある人気スパで、アユアランとはサンスクリット語で「生命」とインドネシア語で「自然」と「きれい」から生まれたブランドネームだと書かれていました。

こころとからだの調和と、人の手によるエネルギーチャージを大切にしているそうで、全てのコースはセラピストの手技によるマッサージをベースにされています。

メニューは、アユアランリラクゼーションが60分120ドルから、リラクゼーションフェイシャルが60分120ドルから、ヘッドスパは60分100ドル、ラグジュアリーメニューが210分310ドル、腸デトックスが60分120ドル、マタニティケアが60分120ドル、そのほかオプションにフラワーバス20分40ドル、海泥パック30分40ドルなどがありました。

調べたところ、どちらのホテルもメニューと金額は同じなようです。

営業時間は、どちらの店舗も10時から22時で、年中無休となっています。


ヒルトングアムリゾート&スパ公式サイト



ホテルニッコーグアム公式サイト


(4)とことん気が済むまで自分のペースで買い物を満喫!

他の人と自分の買い物のペースが合わないと、早く見ないと!とか、もっとあのお店見たかったなーってことになったり、自分はもう見る所がないのに友達を待っていなきゃいけなかったりと、ちょっとしたストレスに(; ・`ω・´)

買い物なんかは特に、1人のほうが人のことを気にしないでショッピングできるので、ひとり旅にはもってこいです!

グアムに行ったときにはぜひおすすめしたいのが、「マイクロネシアモール」!

女性には特にモール内の「メイシーズ」がお気に入りで、私もグアム滞在中は友達とハマりすぎて2回も買い物に来たほどで、たっぷり時間がないと見きれないほど店内は広くて商品もたくさんあります。

しかもなんか安い!いつ着るの?ってくらいの服やらバッグやらをたくさん買い込みました(笑)

お土産なんかを買うにもいいと思います♪

また、マイクロネシアモールの他にも「グアムプレミアアウトレット」や「Kマート」などもオススメで、これらはタモンからシャトルバスで簡単にアクセスできるので、ちょっとした空き時間や、雨の日の過ごし方としてもいいですよー!


マイクロネシアモール公式サイトはこちら



グアムプレミアアウトレット公式サイトはこちら


Kマート


ショッピングモールについてはこちらグアムでショッピング、買い物をするならココ!へ。

1人でも周りが気にならないオプショナルツアーは?

せっかくグアムに来たんだし、なにかグアムらしいオプショナルツアーや、グアムを満喫できるようなツアーに参加したいですよね(*^^*)

ただ、1人での旅行とはまた違って、オプショナルツアーとなると内容によってはツアー参加者たちとグループ行動になったりして、気まずい思いをするのでは…?と心配になる人もいると思います。

そこで、グアムでなにかオプショナルツアーを申し込みたいという人のために、1人の参加でも全然周りが気にならないオプショナルツアーを紹介します♪

まず、男女関係なくひとり旅の方にオススメなのが、「スカイダイビング」です!

実際にグアム旅行で経験したことなんですが、友達は「年齢の節目にグアムの空を飛んでおきたい」と言い出し、しかし私は「ごめんそれだけはちょっと付き合うの無理かも!」ということで、別行動に。(笑)

私はショッピングを1人でして、友達は人生初体験のスカイダイビングを1人で申し込んだんですが、「ツアー中1人でさみしくなかった?」と感想を聞いたところ、「実際空を飛ぶのは誰と行こうがインストラクターの人と2人だし、あとは説明を受けたりするだけだから、あれは誰と行っても関係ないかも!というかめっちゃ楽しめた!」と言っていました♪

めっちゃ1人でエンジョイしている友達w



友達が1人で体験してきたリアルな感想なので、これは間違いなくおひとり様にオススメのオプショナルツアーだと言えます!

あとは、「スキューバダイビング」や「ジェットスキー」などもオススメです。

スキューバダイビングは、海の中に入ってしまえば誰と一緒に行こうが会話はできないので同じですし、ジェットスキーは後ろに誰か乗せていると思いっきり楽しめなかったりしますし、1人でも乗れるものなのであまり気にならないと思います。

実際1人でダイビングやジェットスキーのオプショナルツアーに参加した人は、「家族と来ると逆に気をつかって思いっきり楽しめないので、1人のほうが思う存分遊べた」などと書かれていました。

そのほか、先程紹介したような「スパ」のオプショナルツアーも、1人でも全然関係ないですが、例えばバナナボートなど、明らかにどう見てもグループで乗って遊ぶ系のマリンスポーツだと、確実にアウェイ感を感じるかもしれません。

しかし、いろいろ調べていると、男性でも女性で関係なく、1人旅でも意外とアクティブに行動する人が多いなぁと感じました(*^^*)

例えば男性でも、1人でダイビングのオプショナルツアーに申し込んだりする人は結構見かけましたし、1人で島内観光ツアーに参加して気ままに写真撮影などを楽しんで帰る…というのは珍しくありませんでした。

オプショナルツアーについてはこちらグアム旅行のオプショナルツアーやアクティビティの人気ランキング!JTBやHIS、楽天などの予約方法や料金(値段)や参加のメリットは?現地で申し込める?子供や家族連れにもおすすめなのは?へ。

もちろんまったりとのんびり過ごすのもいいですし、自分がどんな過ごし方がしたいかによって、計画を立ててみてください♪

素敵な旅になりますように!!(*^^*)

一人旅で気をつけることについては、こちらのページグアム旅行の一人旅(女・男)にオススメのホテル選び、食事におすすめのレストランはどこ?1人旅の予算と費用、旅行会社のツアーは?ひとり旅は寂しい?1人の場合気をつけることは?でお話しているので、読んでみてくださいね!

また一人での旅行は一緒に旅行している人がいないので、スマホのインターネットは常に使えたほうが便利ですし安心だと思います。
詳しくはこちらグアム旅行で安心してインターネットを使いたい人向け!オススメの海外専用WiFiレンタルランキング!料金や使い方やメリット、選ぶポイントなど!ワイホーやイモトのWiFi、グローバルWiFiなどの人気レンタルサービス!へ。