日本の空港からグアム旅行に行く場合、荷物は小さなカバン1つだけ…なんて人はほぼいないですよね。

ほとんどの人が、着替えに水着、日用品など、女性は特に旅行に行くときにはいろいろと持っていく荷物が多くなってしまいますよね。

空港でも、大きなキャリーケース(スーツケース)をコロコロと引いて、たくさんのおみやげ品を持っている人を見かけます。

私はこれまでに国内旅行は数え切れないくらいして行っていますが、初めて海外旅行で飛行機を利用するときには、「国際線って、荷物のルールってどうなってるんだろう?!」と気になって調べたことがあります。

いざ飛行機に乗る!ってときになってから、重さが超えていて追加料金を取られたり、機内に持ちこめない!ってなるとすごく焦りますよね。

私もこれまで、空港の荷物の預けるカウンター付近で、スーツケースを開けて何やら荷物をチェックされたり、入国審査の時に手荷物で機内に持ち込めないものを持っていて空港スタッフの人に止められたりしている姿をよく見かけます。

あまり下調べしていかなかったのか、「え!これダメなんですか?!」って騒いでいる人もたまにいたりします(笑)

楽しい旅行にするためにも、しっかりとチェックしておきたいですね(*^^*)

このページでは、グアム旅行のときの預け入れ手荷物、そして機内への持ち込み手荷物についてお話します。



空港での荷物の預け入れ(受託手荷物)の重さやサイズは?

空港でチェックインを済ませて、カウンターでスーツケース(キャリーケース)を飛行機の貨物室に預ける荷物の重さやサイズなどは、利用する航空会社によってルール・規定が異なります。

各航空会社の荷物が預けられる重さとサイズについて、一覧にしてみました。

(1)ユナイテッド航空

  • 重さ:エコノミークラス…23kgまで
  • ビジネスクラス、ファーストクラス…32kgまで

  • サイズ:3辺(長さ+幅+高さ)の合計が158cm以下
  • 利用するクラスやマイレージプラスプレミアステータスによって異なる。

  • 個数:エコノミークラス、ビジネスクラス…2個まで
  • ファーストクラス…3個まで


このサイズや重量を超えてしまうと超過料金が発生してしまい、3辺の合計が292cmもの、または45kgを超える手荷物は預けられません。
ですが、楽器の場合は約75kg以下であれば預けられるそうです。

ユナイテッド航空 公式サイト

(2)日本航空(JAL)

  • 重さ:エコノミークラス…1個あたり23kgまで
  • ビジネスクラス、ファーストクラス…1個あたり32kgまで

  • サイズ:3辺(長さ+幅+高さ)の合計が203cm以下
  • キャスターと持ち手含む。

  • 個数:エコノミークラス…2個まで無料
  • ビジネスクラス、ファーストクラス…3個まで無料


ベビーカーなどは無料で預けられる。

個数が超過した場合には超過料金として1個あたり10,000円、重量超過は重さに応じて6,000円から30,000円、サイズの超過は10,000円がそれぞれにかかります。

サーフボード・ウィンドサーフィンを預ける場合は、無料手荷物許容量に含めず、1ケースあたり10,000円がかかります。

グアムでサーフィンをするのに自分の使っている物を持っていこうと思っている人は要チェックです。

日本航空(JAL) 公式サイト

(3)(ANA)

  • 重さ:エコノミークラス…1個あたり23kgまで
  • ビジネスクラス、ファーストクラス…1個あたり32kgまで

  • サイズ:3辺(長さ+幅+高さ)の合計が158cm以下
  • キャスターと持ち手含む。

  • 個数:エコノミークラス、ビジネスクラス…2個まで無料
  • ファーストクラス…3個まで無料


ANAは、ギターやバイオリンなどの楽器も預けることは可能ですが、サイズによっては追加料金がかかるそうです。

具体的には、楽器の場合3辺の和が203cm以下なら超過料金がかからず、203cm以上292cmまでは超過料金がかかり、292cmを超えるものは預けることができません。



航空会社に限らず、もしスーツケースの重さを超えてしまっていたら、ある程度は手荷物のバッグの中に移動させたりしてその場で対応しましょう!


空港で預ける荷物については、グアムからの帰国時には特に注意しましょう!

おみやげなどを買って行きの時よりもスーツケースやキャリーケースが重くなっている人がほとんどだと思います。

私もそうなんですけど、旅行から帰るときにはスーツケースのチャックがギリギリ閉まるくらいパンパンに荷物を詰め込むので、いつも「重さ大丈夫かな…」とドキドキしながら測定の機械に載せます。(笑)

そういう時に便利だなって思ったのが、旅行慣れしている友達が持っていた、「荷物用はかり」です。


これ、私知らなくて初めて使わせてもらったんですが、すごく便利!(*^^*)
私は年間2回くらいは飛行機を使って旅行してるんですけど、初めて知ったときは「なにこれ!すごい便利じゃん!!」と衝撃でした(笑)

重さの測り方は、キャリーケースの持ち手部分に引っ掛けて、持ち上げるだけで簡単に重さがわかるんです。

Amazonや楽天などで「荷物用はかり」、「ラゲッジスケール」、「荷物重量計」、「デジタルスケール」などと検索するとたくさん商品が出てきますし、1000円以内で買えちゃうので、すごくオススメです♪



国際線の機内への手荷物の持ち込みサイズは?

機内に持ち込む手荷物とは、飛行機の中に自分で持っていく荷物のことで、それぞれの航空会社ごとの手荷物のサイズや重さなどの規定をまとめました。

ルールを守れていない物は、保安検査場でチェックされた時に捨てることになってしまうため、しっかりとチェックしておきましょう。

(1)ユナイテッド航空

手荷物1個と身のまわり品1個まで来ないへの持ち込みが可能ですが、ベーシックエコノミーの場合は身のまわり品1個のみとなる。

  • 機内持ち込み手荷物:3辺が各22cm×35cm×56cm以内(持ち手や車輪含む)
  • 身のまわり品:ショルダーバッグやハンドバッグ、ノートパソコン用バッグなど小さい品物で3辺が各22cm×25cm×43cm以内で前の座席下に収まるもの

規定を超える手荷物は、受託手数料がかかり受託手荷物として預けることになります。

また、手荷物や身のまわり品の他に、コートや傘、読み物、空港で購入した食料や商品、松葉杖などの補助器具、チャイルドシート、おむつ用バッグなどは持ち込みが可能です。

バイオリンやギターなど小さい楽器はハードケースに収納した上で、頭上の荷物入れまたは前の座席下に収納可能な場合のみ持ち込み可能です。

(2)日本航空(JAL)

  • 重さ:10kg以内
  • サイズ:3辺(長さ+幅+高さ)の合計が115cm以内で、それぞれ55cm×40cm×25cm以内のもの
  • 個数:1人1個まで

(3)ANA

  • 重さ:10kgまで
  • サイズ:3辺(長さ+幅+高さ)の合計が115cm以内で、それぞれ55cm×40cm×25cm以内のもの
  • 個数:1人1個まで
  • (ハンドバッグやカメラ、傘など身の回り品のほか、1個までとなります。)


グアムに持ち込みが制限・禁止されているもの

グアムに限らず、ライターやマッチは1人1個までで小型のもの限定で機内への持ち込みができます。

ただ、スーツケースなど預け荷物には入れておくことは出来ません。

リチウム電池やリチウムイオン電池が内臓・装着された、携帯電話や携帯DVDプレーヤー、ノートパソコン、デジカメ、電子ブックプレーヤー、携帯用ゲーム機などの電子機器類に関しても規定があります。

JALの記載例を参考にすると、リチウム電池は、本体に内蔵されている電池の場合はリチウム含有量が2g以下なら機内持ち込みも預け入れも可能で、2gを超えるものに関しては機内への持ち込みも預け入れもダメです。

予備電池の場合、2g以下なら預け入れは出来ませんが機内持ち込みは可能で、2gを超えるものは機内持ち込みも預け入れも不可です。

リチウムイオン電池の場合は、本体に内蔵されている電池の場合は160wh以下なら機内持ち込みも預け入れも可能ですが、160whを超えるものは機内持ち込みも預け入れもNGで、予備電池の場合は100wh以下なら機内持ち込みはOK、100whを超えて160wh以下なら2個まで来ない持ち込みはOK、160whを超えるものは機内持ち込みも預け入れもNGです。

また、リチウム電池やリチウムイオン電池を内蔵・装着した手荷物(スマートバゲージ)は、電池の取り外しが出来るものは機内持ち込みも預け入れも可能ですが、電池の取り外しが出来ないものは機内持ち込みも預け入れもできません。

現金や宝石、貴金属、美術骨董品、携帯電話などの高価品や貴重品は、手荷物として預けることは出来ないので、持ち込み品として手元で管理する決まりとなっています。

グアム入国の時に無税で持ち込みが出来るのは…

  • (1)お酒・アルコール類…約3.7Lまで
  • (2)タバコ・紙巻きたばこ・iQOS(アイコス)…1,000本または5カートンまで
  • (3)現金…1万ドルまで

現金が1万ドルを超える場合は、税関への申告が必要になります。

持ち込みが禁止されているものは…

牛肉、豚肉、鶏肉及び牛肉、豚肉、鶏肉加工品、乳製品、生の果物と野菜、卵製品などです。

カップラーメンや、インスタントのスープ、ふりかけなど、ポークエキスなどの形で、実は結構な割合で肉が使われている食品って多いです。

知らないでいたって証言しても通用しないので、申告なしで持ち込みしようとした場合には処罰の対象になるので注意しましょう。

小さな子供がいる場合、離乳食や粉ミルクを持っていく場合があると思いますが、離乳食に関しては肉製品や卵製品が使用されているものは持ち込みできません。


粉ミルクに関しては、卵や乳製品ではありますが未開封のものなら持ち込むことができます。

グアム現地のスーパーなどでも離乳食などは買うことが出来るので、心配な方は現地で調達するほうがいいかもしれません。

最悪、預け入れ禁止品だと気づかなかった場合などは、飛行機に乗せられる前に荷物をこじ開けて品物を没収されたりするので、気をつけてください。

お菓子やお弁当、パン、おにぎりなどの食べ物は機内へ持ち込むのは、検査を通れば大丈夫です。

手荷物検査が終わった先の搭乗口の付近などに、食べ物が売っていたりするのですが、搭乗口付近で売っている食べ物や飲み物はもちろん機内へ持ち込むことが出来ますので、「これって持ち込みしてもいいのかな?」と不安な人は、手荷物検査を過ぎた先のお店で買って持ち込むほうがいいでしょう。



液体、ジェル、スプレー類の機内持ち込みの制限について

液体とは、飲料やハンドクリーム、オイル、ローション、香水、シャンプー、防臭系のスプレー、歯磨き粉などの半固形物など全般のことを言います。

機内に液体、ジェル、スプレーなどを持ち込む場合には、国際民間航空機関(ICAO)によって決められたルールにより、100ml以下の容器に入れて、それを縦19.1cm×横20.3cm程度の密閉式の透明の袋に収納して、持ち込めるのは1人1袋までが決まりになっています。

これは、100mlを超える容器に100ml以下の液体が入っている場合はNGで、つまり液体を入れる容器も100ml以下で、中身の液体も100ml以下でなければならないということです。

容器を入れる袋に関しては、ANAでは「縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能なプラスチック袋(ジップロック状)に余裕を持って入れてください。」と書かれており、航空会社ごとで多少言い回しが違うだけで、ルールは同じです。

イメージ的にはこんな感じです。



見落としがちなのが、文房具などのインクのほか、女性の場合は特に化粧水や乳液、日焼け止め、リキッドタイプのファンデなどの化粧品類も注意しましょう。

もし、100mlを超える場合だったり、この規定に沿っていない場合には、機内に持ち込むことは出来ないので、飛行機の貨物室に預け入れる荷物としてなら持っていくことが出来ます。

持ち込んでいいのか不安なものは、機内へ持ち込まないでスーツケースのほうに入れておくほうがいいかもしれませんね。

私も、8×4やBanなどの制汗剤スプレーやコンタクトの洗浄液は、小型のものを持っていないときはいつも機内に持ち込まないでスーツケースの中に入れていくようにしています。

透明のジップロックの袋などは、全て自分で持参していく必要がありますが、100ml以下の容器もジップロック状の袋も、100均などのトラベルコーナーで買うことができます。

小さめの容器が何本かでセットになったものが売っているので、私もグアム旅行に行くときには、容器も袋も100均で購入していきました。

また、機内で必要な分の医薬品、糖尿病患者やその他の患者に必要な液体物やジェル類ベビーミルク、ベビーフード、乳幼児ミルク(牛乳や母乳も)、小さな容器に入った離乳食などは、規定のサイズを超えていたり透明の袋などに入れなくても持ち込むことが可能です。

せっかくの楽しいグアム旅行です!
しっかりとルールを知っておけば、荷物検査も怖くないので、心配はいりません(*^^*)

事前にチェックして、手荷物検査などで大事な私物が没収されたり破棄されることがないよう、気をつけたいですね♪