関西国際空港からたったの3時間半で行ける南国リゾート「グアム」!

澄んだ海の色に、カラフルな魚たちが見られる、1年中海で泳ぐことが出来る日本から1番近いアメリカとして有名ですよね(*^^*)

3時間半というフライト時間のため、小さな子供連れの家族旅行でも比較的行きやすく、友達との旅行、そして新婚旅行やハネムーンの旅行先としても人気があります♪

春休みや夏休み、冬休み、年末年始、正月など、大型連休を利用してグアムに行く人も多いですが、ちょっとした三連休などを利用しても行くことが出来ます。

このページでは、関西国際空港からグアム旅行を計画している人のために、関空からグアム国際空港まで直行便を運行している航空会社についてや、HISやJTBの大阪発のツアー料金の比較や特徴、LCCなど格安航空券についてなどを紹介していきます!



大阪周辺からグアム国際空港に行くには?

大阪周辺からグアムに旅行に行く場合、関西国際空港を利用することになります。

大阪には「大阪国際空港(伊丹空港)」や「神戸空港」もありますが、伊丹空港は現在は国内線のみの運行で、国際線は運行していないため、伊丹空港からはグアムに行くことは出来ません。

また、滋賀や京都、奈良、和歌山、三重兵庫など、東海または関西周辺の方も、近くの空港からグアムまでの飛行機は出ていないので、この関西国際空港を利用することになると思います。

さらに、鳥取や島根、広島、香川、徳島、岡山、高知、愛媛(松山)周辺にも空港はありますが、グアムへの飛行機はないため、関空を使用する人が多いでしょう。

まずは関西国際空港への周辺の駅からのアクセスを紹介します。

電車で関西国際空港に行く場合、「新大阪駅」から関西国際空港までは、特急はるかで約50分、「大阪駅」からは関空快速で約65分となっています。


大阪駅などからバスも出ていますが、80分前後かかって料金は1500円です。

車で行く場合、空港連絡橋スカイゲートブリッジが往復で1000円前後と、駐車料金は24時間で2570円、2日目以降は1日最大1540円かかってきます。


駐車場は510円で予約することも出来るみたいなので、心配な人は予約しておくといいかもしれません。

例えば、グアム旅行では3泊4日の人が多いと思いますが、4日間の場合駐車料金はだいたい5600円くらい、5日間だと7000円くらいですので目安にしてください。

駐車料金に関して不安な人は、関空の公式サイトにて「駐車料金のシミュレーション」が出来るようになっていたので、見てみるといいと思います(*^^*)

関西国際空港公式 駐車場案内

この関西国際空港からグアムへの直行便が出ているのは、「チェジュ航空」、「ティーウェイ航空」、「ユナイテッド航空」、コードシェア便で「ANA」の4つの航空会社です。



関西国際空港とグアム空港間の飛行機の時刻表とフライト時間

先程お話したように、関西国際空港発のグアム空港行きの直行便を運行しているのは、(1)チェジュ航空、(2)ティーウェイ航空、(3)ユナイテッド航空、(4)ANAの4つで、関西国際空港からグアム国際空港までのフライト時間(飛行時間)は約3時間半で、飛行機の所要時間は航空会社や航路、時期、天候によっても変わってきますので、だいたいの時間となります。

ではここから、関西国際空港発から運行しているグアムへの直行便の時刻表について、調べたものをまとめてみます。

(1)チェジュ航空の時刻表

チェジュ航空は、2018年7月21日から関空とグアム線の運行が開始されたばかりで、関空発は金曜日以外、グアム発は月曜日以外運行しています。

関西国際空港発

  • 10:10発/14:40着(7C3172) 所要時間:3時間30分
  • グアム発

  • 15:40発/17:55着(7C3171) 所要時間:3時間15分

チェジュ航空は曜日によって運行時間が異なります。

(2)ティーウェイ航空の時刻表

関西国際空港発

  • 10:10発/14:40着(7C3172) 所要時間:3時間30分
  • グアム発

  • 16:10発/18:45着(TW312) 所要時間:3時間35分

(3)ユナイテッド航空の時刻表

関西国際空港発

  • 11:05発/15:50着(UA151) 所要時間:3時間55分
  • グアム発

  • 07:15発/10:10着(UA150) 所要時間:3時間45分

(4)ANAの時刻表

関西国際空港発

  • 11:05発/15:50着(NH6468) 所要時間:3時間45分
  • グアム発

  • 11:05発/15:50着(NH6471) 所要時間:3時間55分

人気シーズンなどは他にもチャーター便が増える可能性があります。


関空から乗継便を利用した場合のフライトについて

関空からグアム空港へは、直行便だけではなく乗継便もあります。

乗継便の場合は、ソウルの仁川国際空港や釜山など主に韓国の空港を一度経由するルートで、所要時間が7時間から9時間ほどかかってしまいます。

関空からはせっかく直行便があるので、わざわざ余計に時間をかけてまで乗継便を利用する必要はないと思います。


乗り継ぎ時間のロスがあると、その分グアムに着いてからの滞在時間が少なくなってしまうため、やはり直行便の利用がオススメです。

ただ、夏休みや年末年始の人気シーズンなどで直行便の空席がなく、飛行機が取れない場合には、こうした他の空港を経由した乗継便を利用する手段もあると思います。

関空からグアム空港までの乗継便のフライトスケジュール

  • 関空→ソウル(仁川国際空港)→グアム 所要時間:9時間25分
  • 関空13:15発(LJ282便)/ソウル15:00着/ソウル18:00発(TW301便)/グアム23:40着

  • 関空→ソウル(仁川国際空港)→グアム 所要時間:7時間55分
  • 関空16:05発(RS763便、OZ9637便)/ソウル18:05着/ソウル19:35発(KE111便)/グアム01:00着

  • 関空→釜山→グアム 所要時間:8時間05分
  • 関空17:40発(LJ218便)/釜山19:05着/釜山21:40発(KE2115便)/グアム02:45着

  • 関空→ソウル(仁川国際空港)→グアム 所要時間:7時間15分
  • 関空17:55発(RS765便、OZ9629便)/ソウル19:55着/ソウル20:45発(RS102便、OZ9640便)/グアム02:10着

  • 関空→釜山→グアム 所要時間:6時間40分
  • 関空19:30発(KE760便)/釜山21:00着/釜山22:05発(BX612便、OZ9422便)/グアム03:10着


時期によっては、この便数よりも多い可能性も少ない可能性もあります。



各旅行会社(ツアー会社)ごとのフライト便の特徴と料金比較

H.I.S.、JTB、トラベルコのツアーの特徴や、ツアーに多いフライト時間、滞在日数ごとの料金などを紹介していきます。

(1)「H.I.S.」の関空からのグアムツアーの特徴と料金について

HISの関空発のグアム旅行ツアープランでは、例えば「航空券+ホテル」のセットだと、人気シーズンの8月でだいたい安いもので3泊4日で大人1人10万円くらいのツアーがありました。

こちらは、航空券をどの航空会社のどの便にするか、そしてどのグレードのホテルを選ぶかによって料金が変わってきます。

私が見た時に夏のシーズンの基本プランになっていたのは、往路も復路もチェジュ航空の直行便を利用した飛行機で航空券だけで8万円前後、安いホテルだとグランドプラザホテルで2万円前後で、これがセットになっていました。

もちろんホテルのグレードを高くすると、それに比例して料金も高くなります。

夏休みなど人気のシーズン以外だと、だいたい8万円前後のツアープランもありますが、年末年始などの高い時期だと、関空発の場合3泊4日で大人1人20万円前後になることもあります。

HISのグアムツアーでは、「レアレアサンダル&フォトスタジオで撮影」、「レアレア絶景朝食+ヒストリカルツアー」、「カヤックdeタートルシュノーケリング」、「ライド・ザ・ダック」などの4つのプランが、ツアーに追加料金なしで1つ利用することが出来ます♪

HISの場合、グアム現地にも「レアレアラウンジ」という支店があり、オプショナルツアーの申し込みや困ったことなどが聞けるHIS専用のカウンターがあったり、ベビーバギーの無料レンタル、無料WiFiサービスがあり、海外旅行やグアム旅行が初めての人でも安心です(*^^*)

グアムの島内を循環している「レアレアトロリー」も利用出来るので、滞在中の移動にも便利です。

レアレアトロリーについてはこちらグアムでの移動手段・交通手段は?赤いシャトルバス、タクシー、レンタカーのメリットとデメリット!空港とホテルの無料送迎がない場合はタクシー?歩行者や交通ルールなど注意することは?

HIS公式はこちら

(2)「JTB」の関空からのグアムツアーの特徴と料金について

JTBの関空発のグアム旅行のツアーでは、夏の人気シーズンで1番安いプランだと、だいたい3泊4日でロイヤルオーキッドグアムの宿泊で大人1人9万円ほどでした。

安いプランはチェジュ航空を使う便になっていて、フライトスケジュールは10:10大阪発、直行便で14:40グアム着、帰りは15:40グアム発、17:55から18:20大阪着が基本になっていました。

お盆など高い時期だと、13万円から18万円ほどの料金になっていました。
チェジュ航空の場合、機内食はないみたいです。

8月の人気シーズンであっても、1番安いと49800円で行けたりもするので、オススメです。

私もJTBで申し込みましたが、JTBの場合、出発の60日前の予約で、往路で関空のラウンジが利用出来る特典がついていたり、グアム現地で「コンチャラウンジ・デスク」でツアーのサポートが受けられたり、「赤いシャトルバス」などが乗り放題だったりするので、お得にグアム旅行が楽しめそうです(*^^*)



JTBグアム公式はこちら

(3)「トラベルコ」の関空からのグアムツアーの特徴と料金について

トラベルコの場合、「イー・ホリデーズ」や「IACEトラベル」、「JTB」、「ハッピーワールド」、「阪急交通社」、「ラビックスジャパン」などのツアープランが載っていました。

トラベルコは、いろんなプランを見比べたい人にはいいと思いますが、HISやJTBと違って現地で困ったときにいろいろ聞くことが出来るツアーカウンターがなかったりするので注意しましょう(*^^*)

また、トラベルコの関空発のツアーには大韓航空やアシアナ航空などによる、韓国の仁川国際空港を一度経由する乗継便になっていることがあります。

グアムでたっぷり遊びたい人は、乗継便よりも直行便になっているプランを選ぶようにしてください。

トラベルコの場合、時期にもよりますが乗継便だと33泊4日で67000円前後、直行便だと4泊5日で8万円前後のプランがありました。

トラベルコグアムツアー公式はこちら

関西国際空港発のグアム旅行のアドバイス

関空からのグアム旅行を安く済ませたい場合、旅行会社で航空券のセットのツアーを申し込むよりも、LCCなどの安い航空券とホテルを自分で購入しようと考えている人もいるかもしれません。

関空からグアムまで運行している、韓国のLCC「チェジュ航空」は、調べたところ片道の航空券の料金がだいたい安い日で2万円前後、高い時期で3万円前後です。

往復だと、安いときで4万円ちょっと、高いときだと6万円ちょっとになります。

次に、同じく韓国のLCC「ティーウェイ航空」の場合、安い日の片道料金は大人1人2万円ほどで、高い日だと片道6万円でした。

安い日と高い日は曜日によってもバラバラでしたが、往路も復路も土日が割と高かったですが、値段の開きが2万円から6万円と幅があります。

航空券のみを購入した場合、そこにホテル代金も必要になってきますよね。

となると、航空券のみ+ホテルを自分でとったほうが安い時と、旅行会社で航空券とホテルのセットを予約したほうが安いときがあるかもしれません。

ただ、航空券の料金もツアーの料金も、だいたい夏休みなどの人気のシーズンはどちらも高くなっていますし、大型連休などがない平日であれば、どちらも相場より安くなっていることが多いので、航空券だけを個人手配したほうが激安!ってことにはならなさそうです。

ツアーか個人手配についてはこちらグアム旅行は旅行代理店のツアーか個人手配どっちがいい?航空券やホテルを個人で手配・予約する場合の注意点!子連れなど料金・費用は格安になる?安いのは?へ。

もちろんどちらが少しでも旅費が安く済むかは時期にもよりますが、初めて海外旅行をする人の場合、旅行会社のツアーを申し込んだほうが、現地で頼れるツアーデスクがあったり、入国や出国手続きのことなども相談出来るので、安心だと思います。


関空発のツアーで旅費を安く抑えるためのポイントとしては、日程の調整がきくなら平日出発にして大型連休や夏休みや冬休みなどの人気シーズンは避けること、そしてホテルのグレードも高くしないこと、滞在日数は3泊4日くらいがオススメです(*^^*)

旅行日数についてはこちらグアム旅行の滞在日数(宿泊日数)は2泊3日(3日間)は短い?3泊4日、5日間など楽しめるには何泊がベスト?おすすめの日程は?子連れの場合何泊がいい?へ。