日本で普通に生活していると、自動車保険や健康保険、医療保険、生命保険など、さまざまな保険に加入していると思いますが、旅行の時はみなさんはどうしていますか?

日本国内の旅行なら、「わざわざ保険なんて入らなくてもいいんじゃない?」と思う人が多いと思いますが、海外旅行の場合はどうでしょうか?

やはり海外ともなると、海外ともなればトラブルや事件、事故などいろいろなことを考えると、「海外は危なそうだし、言葉も通じないし、何かあったら怖いから保険って入ったほうがいいのかな…」とも思いますし、お金のことも考えるとなるべく旅費の予算は抑えたい気持ちもありますし、海外旅行保険に加入するか迷っている人もいると思います。

旅行会社のツアーで申し込むと、「保険はどうしますか?」みたいなことを聞かれたりします。

私もその時初めて海外旅行保険のことを知り、「海外旅行って保険に入るべきなのかな?」と、いろいろ調べてみました。

このページでは、海外旅行保険とはどんなものなのかという基礎的なことから、加入する必要があるか、加入するとしたらオススメの保険はどこかなどを紹介していきます。



「海外旅行保険」とは?そもそもどんなもの?

海外旅行保険とは、海外旅行中に予想しないようなトラブルやアクシデントが起きた時に、それによって生じた損害をカバーしてくれるもので、正式には「海外旅行傷害保険」とも呼ばれているものです。

例えばどんな補償が含まれているのかと言うと…

  • 疾病死亡、後遺障害…旅先でのケガによって死亡したり後遺障害が残った時の補償
  • 治療費用、救援者費用…旅先でのケガや病気によって治療が必要になった場合や、入院などによって家族が現地に来るための補償
  • 疾病死亡…旅先での病気が原因で死亡した場合の補償
  • 賠償責任、携行品被害…賠償責任は誤って人にケガをさせたり物を壊したりした場合、携行品被害は旅先で身の回りの物が盗難に遭ったり壊れたりした場合の補償
  • 航空機寄託手荷物遅延…航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたために、身の回りの物を購入した場合の補償
  • などがあります。


もちろん補償項目や補償金額については保険会社によって異なります。

では、その海外旅行保険には入っておくべきなのでしょうか?

グアム旅行に海外旅行保険は必要?加入しておくべき?

海外旅行保険がどんなものかわかったところで、グアム旅行に行く時には海外旅行保険に加入するべきなんでしょうか?

グアムは、日本人観光客が多くビーチリゾートとして人気がありますが、やはり海外には変わりないので、銃や薬物、窃盗、盗難などの犯罪は頻繁に起きています。

また、人身事故でたとえ歩行者であっても、歩行者に賠償責任が生じることもあります。

私は日本の健康保険に入っているから大丈夫、とは思う人もいるかもしれませんが、もちろん日本でみなさんが加入している「国民健康保険」は、もしケガや病気をしても当然ですがグアムなど海外では適用されません


日本の健康保険は当てに出来ないんですね…。

また、知っておいてもらいたいのは、グアムでもしも病院を利用することになったら、日本とは比べものにならないくらい医療費が高額だと言うことです。

グアムでの医療機関には限界があり、対処しきれない患者などは他の地域への移送が必要になることもあり、その場合さらに膨大な費用がかかります。

どれくらいの医療費がかかるのかというと、公立病院か私立病院かで異なりますが、初診料が3万円弱から4万円ほどで、日本の場合は2000円から3000円前後ですよね。

例えばちょっと風邪のような症状があって軽く受診するだけでも10万ほどかかったり、盲腸の手術だと、日本は10割負担で約40万円ほどで、グアムだと約70万円ほどかかるそうです。

集中治療室に入ると日本なら1日8万円から10万円、グアムだと1日10万円から25万円ほど、グアムから日本へ医療搬送される場合は高くて2000万円する場合もあります。

また、いろいろ調べたところ、実際にあった例では海で溺れて意識不明となって5日ほど入院しただけで300万円以上かかったそうです。

これはやはり結構な金額ですね…。

グアムでは、過去に日本人がタモンのホテルロードで道路を横断中に車にひかれて骨折事故があったり、ホテルのビーチでシュノーケリング中に溺れて死亡したりしているので、自分が絶対病院にかかるようなことが起きないとも言い切れませんよね。



海外旅行保険に加入していれば、診療費をはじめ検査をしたり薬が処方されたりしても、料金の請求は病院から保険会社にいくため、補償金額以内であれば治療費を支払うことがありません。


海外旅行保険は、保険の中でも「掛け捨て」タイプのため、旅行中になにもなければ保険を使うことなく終わります。

しかし、誰もが交通事故をおこしたくないのに起きてしまうのと同じで、自分が予期していないことが起きたり、旅行中どんなに気をつけていたとしても、事件や事故などトラブルに巻き込まれてしまったり、環境の変化で体調が崩れてしまう可能性は十分にあります

せっかく楽しい旅行なのに、高額な医療費を負担しなければならなくなったら、ちょっと嫌な思い出になってしまいますよね。

もちろん私も、ハワイ旅行の時もグアム旅行の時も、しっかりと海外旅行保険に加入していきました。

実際に、外務省の海外安全ホームページでは…

「グアムでの医療には限界もあり,脳内疾患や心臓疾患など重度の患者には対処することが困難です。そのため,精密検査や高度な手術等,より重大かつ長期治療が必要な場合には,日本に一時帰国しての入院や集中治療を受けることになりかねませんので,緊急移送を含む十分な保障内容の海外旅行傷害保険に加入されることをおすすめします。」
と書かれています。

現に、海外旅行では28人に1人がトラブルに遭っているそうなので、安心して旅行するためにも、海外旅行保険への加入は必要だと思います。

海外旅行保険の選び方は?どこを見る?

海外旅行保険は、同じ宿泊日数だとしてもそれぞれの保険会社ごとで保険料が違いますよね。

各社の保険料に関しては?

例えば、グアム旅行に多い3泊4日の保険料を保険会社ごとで比較してみました。

  • (1)損保ジャパン日本興亜損保…1770円
  • (2)三井住友海上…1690円
  • (3)エイチ・エス損保…1330円
  • (4)ジェイアイ…1420円
  • (5)東京海上日動…5570円。
  • (6)あいおいニッセイ同和損保…1690円
  • (7)ソニー損保…1450円
  • (8)AIG損保…4400円

こうしてみると料金が1番安い会社だと1330円、1番高い会社だと5570円ですね。

これは楽天の海外旅行保険比較で調べてみたものですが、各社でそれぞれ掲載されている保障内容が同じではないため、料金の幅がかなり差があるのはそのためだと思います。

補償内容の違いは?

掲載されている補償内容がどのように違いがあるのかを見てみると…

  • (1)損保ジャパン日本興亜損保「off!(オフ)」…傷害死亡/後遺障害1000万円、治療費用/救援者費用は各1000万円、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は1億円/30万円、航空機寄託手荷物遅延は10万円
  • 損保ジャパン日本興亜損保「off!(オフ)」


  • (2)三井住友海上「ネットde保険@とらべる」…傷害死亡/後遺障害それぞれ1000万円、治療費用/救援者費用は1000万円、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は1億円/30万円、航空機寄託手荷物遅延は10万円、弁護士費用100万円、テロ等対応費用10万円、緊急歯科治療費用
  • 三井住友海上「ネットde保険@とらべる」


  • (3)エイチ・エス損保「たびとも」…傷害死亡/後遺障害は1000万円/1000万円、治療費用/救援者費用は各1000万円、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は1億円/30万円、航空機寄託手荷物遅延は10万円
  • (3)エイチ・エス損保「たびとも」


  • (4)ジェイアイ「t@bihoたびほ」…傷害死亡/後遺障害は1000万円/1000万円、治療費用/救援者費用は1000万円、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は1億円/30万円、航空機寄託手荷物遅延は10万円(定額払型)
  • ジェイアイ「t@bihoたびほ」


  • (5)東京海上日動「Trip-i」…傷害死亡/後遺障害は2000万円/3000万円、治療費用/救援者費用は無制限、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は1億円/20万円、偶然事故対応費用は5万円(航空機遅延費用など)、パスポート盗難時など通訳サポートの「トラベルプロテクト」利用可能
  • 東京海上日動「Trip-i」


  • (6)あいおいニッセイ同和損保「eとらべる海外旅行保険」…傷害死亡/後遺障害はそれぞれ1500万円、治療費用/救援者費用は5000万円、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は3000万円/40万円、航空機寄託手荷物遅延は10万円、弁護士費用100万円、テロ等対応費用10万円、緊急歯科治療費用の補償
  • あいおいニッセイ同和損保「eとらべる海外旅行保険」


  • (7)ソニー損保「海外旅行保険」…傷害死亡/後遺障害は1000万円/1000万円、治療費用/救援者費用は1000万円、疾病死亡は1000万円、賠償責任/携行品被害は1億円/30万円、航空機寄託手荷物遅延は1万円(定額払型)で、基本補償とオプション補償合わせて14項目から補償が選べる、24時間日本語医療相談サービス
  • ソニー損保「海外旅行保険」


  • (8)AIG損保「海外旅行保険」…傷害死亡/後遺障害は1000万円/30万円から1000万円、治療費用/救援者費用は無制限、疾病死亡は500万円、賠償責任/携行品被害は1億円/30万円、航空機寄託手荷物遅延は5万円
  • AIG損保「海外旅行保険」


掲載されているプランは一例として載っているものなので、どのプランを選択するかによっても保険料は違いますし、補償額などにも違いがあります。


それぞれの保険で良さがありますので、自分がどんな補償が必要か、どれくらいの金額の補償をつけたいかなどを一度考えてみましょう。

おすすめの海外旅行保険の会社はどこ?

では、オススメの海外旅行保険会社はどこなのかというと、保険会社によって特徴が異なるので、その人その人にどんな保険が合っているのかは変わってきますので、一概に「この会社がいい!」というのは言い切れません。

例えば旅行会社のJTBからツアーを申し込むと、同じJTBグループ会社である「ジェイアイ傷害火災保険」をオススメされるので、JTBからツアーを申し込む方は、ジェイアイ傷害火災保険がいいかもしれません。

ちなみにH.I.S.でツアーを申し込むと、HISと同じグループ会社である「エイチ・エス損保」がオススメされると思います。

保険の知識があまりない方でも、その旅行会社が提携している保険を選べば、ツアーを申し込む時にいろいろと質問出来ますし、わからないこともしっかり教えてもらえると思いますし、直接聞けるのは安心だと思います。


JTBもHISの提携保険も、どちらも「キャッシュレス(キャッシュレスメディカルサービス)」に対応しています。

グアム旅行者クリニックで対応している、海外旅行保険の「キャッシュレス診察(キャッシュレスメディカルサービス)」とは、病気やケガで病院を受診した時、その場で治療費を自分で建て替えることなく(自己負担することなく)、保険会社が病院へ直接お金を支払ってくれるものです。


また、補償金額は多いに越したことはないので、少額の保険をかけるよりは医療搬送の可能性も考えて、最高額の保険をかけたほうがいいですが、「海外旅行保険には加入したいけど、なるべく料金は抑えたい」という人は、保険金額を最高額まで補償されるものではなく、最も高額となりやすい「チャーター便の利用はしない」と割り切ることです。

そうすることで、最低限の補償内容だけで過ごす事ができます。

インターネットから申し込める保険だと、ジェイアイ傷害火災保険、エイチ・エス損保、三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、AIG損保などがあります。

インターネットで申し込むことをメリットに感じるか、キャッシュレスメディカルサービスをメリットとするのかなど、それぞれの保険会社の特徴を比較してみることで、自分がどれを最優先したいのかを考えて選ぶといいでしょう。

クレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合は?

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の場合、確認しなければならないのは、「自動付帯」なのか「利用付帯」なのかということです。

「利用付帯」の場合は、旅行代金またはその一部をそのクレジットカードで支払っていないと保険が適用されず、「自動付帯」の場合は、カードを利用したことがなくても旅行先に持っていっていなくても、保険が適用されます。


自分が利用する予定のカードが、自動付帯なのか利用付帯なのかはチェックしておきましょう。



さらにクレジットカードについている海外旅行保険の場合、制約があったりすることがあります。

いくつもクレジットカードを持っている場合、「傷害死亡」、「傷害後遺障害」は持っているカードの中の最高額が適用され、それ以外の「傷害治療」や「疾病治療」、「賠償責任」、「携行品被害」、「救援者費用」は保障金額を合算することがきます。

また、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、病気で死亡した場合の保証がなかったり、医療費の補償額が200万円までだったりと、付帯の保険ではカバーしきれない場合があるので、やはり海外旅行保険には加入しておいたほうがいいと思います。

やはり1番は、「入っておいて良かった!」という事態が起きるよりも、「保険を使う機会がなかったな」と無事に旅行を終えることですね(*^^*)

しっかりと海外旅行保険に加入して、安心して楽しい旅行にしてくださいね!