グアム旅行で、宿泊先の候補としてみなさんが考えるのは、まずホテルだと思いますが、「コンドミニアム」も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか(*^^*)

とは言っても、だいたいはどんな宿泊場所なのかは知っているけど、詳しくは知らない…という人も多いと思います。

グアム旅行に限ったことではないですが、実は友達とのグループ旅行や、子供や祖父母など二世帯や三世帯の家族旅行など、ホテルよりもコンドミニアムを選んだ方がメリットが多いケースがあります!

「ホテルと具体的に何が違うの?」という人や、「コンドミニアムに泊まるメリットはあるの?」ということをはじめ、どんな人にコンドミニアムが向いているのかについてお話します。



コンドミニアムを利用するメリットとデメリット

まず、そもそも「コンドミニアム」とは、どういったところなのかというと、通常のリビングやベッドルームの他に、電子レンジやフライパンなどの調理器具が揃ったキッチン、洗濯機などがついて、日本で普段普通い自宅で生活しているのと同じように滞在出来る宿泊施設のことです♪

メリット1:部屋の広さ

コンドミニアムを利用するメリットとしては、部屋が広いために世代や三世代での家族旅行や、友達同士のグループ旅行など、人数が多い場合でも余裕をもってっ使うことが出来ます(*^^*)

人数が多いと、一般的なホテルの部屋だと狭く感じたり、かと言って2部屋借りたりすると別々に分かれてしまいますし、ホテルのスイートはちょっと予算オーバーだし、ファミリールームでもちょっと狭い…となってしまいがちです。



例えばホテルの場合、「グアムリーフ&オリーブスパリゾート」にはジャパニーズスイートという部屋があり、61.26㎡という広さがあり、次に「フィエスタリゾートグアム」は、約51㎡のファミリールーム、「オンワードビーチリゾート」のウィングオーシャンフロントは約44㎡となっています。

グアムリーフ&オリーブスパリゾートについてはこちら【グアムリーフ&オリーブスパリゾート】の部屋・アメニティ、インフィニティータワーなどの紹介!コネクティングルームはどう?朝食にオススメのレストランやプール、ビーチなどの口コミまとめ!HISなど旅行会社のツアーは?へ。

オンワードビーチリゾートについてはこちら【オンワードビーチリゾート(Onward Beach Resort)】の部屋(アメニティ)、朝食などのレストラン情報、プール(ウォーターパーク)、ラウンジなどの口コミは?ホテルから周辺へのアクセス、旅行会社のツアーについてへ。

それがコンドミニアムの場合、例えば「レオパレスリゾートグアム」のディスカバリータワー2ベッドルームは部屋の広さが約85㎡や約135㎡だったりして、大人数でも広々と使えることがわかります。

レオパレスリゾートグアムについてはこちらレオパレスリゾートグアムの部屋やタワー、アメニティをはじめ、朝食におすすめのレストランやプールなどを紹介!立地や周辺アクセスは?バスの利用やゴルフはどう?宿泊ツアーと口コミまとめ!へ。

「広さってそんなに重要?」と思うかもしれませんが、部屋の広さが倍くらい変わってくると、例えば全員分のスーツケースを入れて子供もいて…となってくると、子供が遊べるスペースが十分になかったり、スーツケースを広げて荷物を整理していると通路も通れない…とか、ちょっとした行動も制限されてしまいかねません。


メリット2:安い宿泊費

次に、宿泊費について見てみましょう。

大人4人、添い寝の子供1人だとして、もちろん時期によって料金は変動しますが、例えばこの「グアム リーフ & オリーブ スパ リゾート」のジャパニーズスイートは1泊5万円前後、次に「フィエスタリゾートグアム」のファミリールームは1泊4万円前後、「オンワードビーチリゾート」のウィングオーシャンフロントは1泊3万5千円前後となっています。

これで例えば4泊5日の旅行だとすると、「グアムリーフ」は21万円、「フィエスタリゾート」は17万円、「オンワード」は17万円です。

それが「レオパレスリゾート」の場合は1泊2万3千円前後で、4泊5日で12万円ほど。

このように比べてみると、この広さでこれだけの金額だと、大人数でも宿泊費用を抑えることも出来てとてもお得ですよね(*^^*)

メリット3:キッチンなど充実した設備

コンドミニアムは広い部屋の中に、調理器具などが揃ったキッチンやダイニングなどが付いているため、レストランなどで料理をテイクアウトしたり、スーパーでちょっとした食材を買っておつまみを作ったりして、夜はみんなでワイワイとお酒を楽しみながら過ごすことが出来ます(*^^*)

子供の好き嫌いが多かったり、まだ赤ちゃんで離乳食を作ったりしたいという場合も、部屋にキッチンがあり、食器なども備わっていたりするので、不自由なく調理することができるので、旅行中の食事も安心です。

ホテルなどの場合、電子レンジは部屋に完備されていなかったり、レンタル料がかかってしまったりすることもあるので、そういった方にもメリットは大きいですね。

小さいこどもがいると、外食だと周りに気を使ったりすることも多いですが、自分たちの部屋で食事が済ませられると、気兼ねなく過ごせるという点もファミリーには嬉しいです。

ちなみに子供におすすめのレストランはこちらグアム旅行で小さい子連れでも楽しめる安くておいしいレストランはどこ?1歳や1歳半などでも気兼ねなく行けるお店は?子連れ食事のコツや離乳食やベビーフードはどうする?チャッキーチーズやステーキ店、キッズメニューでオススメは?へ。



また、1週間ほどの長期の旅行だと、どうしても着替えの枚数も多くなってしまいますが、旅行中の着替えを部屋で洗濯できれば、荷物も最低限で済みますし、子供がたくさん汗をかいて服をこまめに着替えても、洗濯さえできれば着替えにも困りません。

そのほかカップルや友達同士などでコンドミニアムに泊まる場合、スーパーに食材を買い出しに行って自分たちで料理をしたりすると、ちょっと普通の旅行者とは違った、まるでグアム現地で生活している地元民のような気分を味わうことも出来ます。

海外のスーパーで、いろいろな食材を選んで自分たちでクッキングなんて、あまり体験出来たいことなので、これもまた特別な思い出になりそうですよね♪

いかがでしょう(*^^*)

コンドミニアムの良さが見えてきたんじゃないでしょうか?

特にこれと言って「コンドミニアムだから何かデメリットがある」というわけではないので、利用する人にとってはメリットが多いのがコンドミニアムの良さです。

デメリットを挙げるとすると、例えば地元民のようにスーパーで買い出しするのが楽しくて、ついつい食材を買いすぎてしまって旅行中に使い切れない…とか、そういったことに気をつける点でしょうか。笑

コンドミニアムの選び方

コンドミニアムを選ぶ時には、やはり1番注意して確認するべきなのが、そのコンドミニアムの設備です。

例えば、そのコンドミニアムや客室によって、ベッドルームの数やベッドのサイズ、ダイニングの有無、そしてキッチンがあっても電子レンジや冷蔵庫がついていても調理器具や食器は置いていないところ、食器はレンタル料がかかるところなどさまざまです。

リビングについても、「ステューディオ」というワンルームになった部屋もあれば、リビングルームとベッドルームがそれぞれ別れていたりすることもあり、宿泊するメンバーで共有スペースとプライベートな場所と分けて使うことが出来たりします。

ベッドルームは、ツインベッドの部屋×2(2ベッドルーム)が4人利用、ベッド2台の部屋×3(3ベッドルーム)で6人利用といった感じで、だいたいが1つのベッドルームに2名という区切りになっていますが、ベッドの数や大きさは施設側に相談することで変更出来たりもします。

コンドミニアムの施設の中にも、コンドミニアムの滞在者だけが利用出来るプールがあったり、コインランドリーやコンビニがあったりと、施設の便利さもチェックしておくといいでしょう。


何人で、どんなふうに過ごしたいか、どんな設備があると便利かを考えてコンドミニアムは選ぶようにしましょう(*^^*)

おすすめのコンドミニアム一覧

(1)グアムガーデンヴィラ


タモンのちょうど中心部にある、「ホリデイリゾート&スパ グアム」の姉妹ホテルで、コンドミニアムとしては立地もすごく良くて、空港からは車で約10分、イパオビーチは徒歩で行けるのも嬉しいですね。

敷地内にはバーベキュー設備、ランドリー、24時間営業のミニマート、レンタカーがあるので便利だと思います。

宿泊施設のタイプは、シングルベッド4台の「スタジオA」、「デラックスアパートメント」、シングルベッドおよびクイーンベッド1台の「1ベッドルーム アパートメント」、シングルベッド2台×2の「2ベッドルーム アパートメント」、「スタジオアパートメント」があります。

客室は改装されていて、電子レンジや冷蔵庫などの簡易キッチン、ダイニングエリア、バスルーム2室があります。

詳しくはこちら【グアムガーデンヴィラ(ガーデンヴィラホテル)】の場所や周辺アクセス、スタジオルームなどの客室タイプとアメニティ、WiFiは?送迎はある?宿泊者の口コミや、hisなどのツアーも紹介!へ。

(2)レオパレスリゾートグアム「フォーピークス(FOUR PEAKS)」


レオパレスリゾートグアムには、ホテルタイプとコンドミニアムタイプに分かれていて、コンドミニアムタイプは「ラ・クエスタ」から「フォーピークス(FOUR PEAKS)」へと名称が変わりました。

部屋は2ベッドルーム、3ベッドルームで区切られているため、プライベートな空間と共有のスペースのどちらも楽しむことが出来ます。

トレジャータワー/レガシータワーの3ベッドルームは186㎡の広さがあり、2ベッドルームは135㎡、ディスカバリータワーの1ベッドルームは69㎡となっています。

フォーピークスでは、コンロ・炊飯器・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機のほか、料理用品やお皿まで完備されているので、小さい子の離乳食もしっかり作れそうです。

フォーピークス内にはランドリーコーナーもあり、レオパレスリゾートの敷地内にはゴルフ場やスパ、レストラン、プール、ボウリング、ビリヤード、ダーツ、スターウォッチング、カラオケ、卓球などのアクティビティが備わっているので、コンドミニアムを利用する以外のメリットも多いです。

さらに、フォーピークスでは全室WiFiが完備されているので、それも便利ですね。

詳しくはこちらレオパレスリゾートグアムの部屋やタワー、アメニティをはじめ、朝食におすすめのレストランやプールなどを紹介!立地や周辺アクセスは?バスの利用やゴルフはどう?宿泊ツアーと口コミまとめ!へ。

(3)オーシャンビューホテル&レジデンス


オーシャンビューホテル&レジデンスは、タモン湾が見渡せる高台に建っており、タモンの街と、ホテルの名前通り海が見えます。

スタンダードルームの客室のほか、エグゼクティブスイートではリビング、ダイニング、キッチンエリア、2ベッドルームのコンドミニアムがあります。

新館はホテルルーム、本館は2ベッドルームのコンドミニアムになっていて、全客室で無料WiFiが使えます。

ホテル内には、チャモロ料理で有名な「チャモロ亭」や屋外プール、コインランドリー、売店(オーシャンマート)、製氷機、スパがあります。

オーシャンビューホテル&レジデンスは、HISのレアレアトロリー「26 タガダパーク前」で下車して徒歩2分、JTBなどの赤いシャトルバス「23 パシフィックプレイス」を下車して徒歩5分の場所にあるので、アクセス的にも便利だと思います。

口コミなどを見ると、コンドミニアムの方はちょっと内装などに古さを感じるなどがありますが、ベランダからの眺めも良くてそれほど低評価ではありません♪

詳しくはこちら【オーシャンビューホテル&レジデンス】の立地、アクセス、部屋、アメニティ紹介!ファミリーに人気?レストラン情報や口コミ、hisなどの宿泊ツアーも解説!へ。

(4)ヴェローナリゾート&スパ


ヴェローナリゾート&スパは、タモン湾のビーチ、Kマートショッピングセンター、レストランなどが徒歩で行ける範囲にあり、レギュラーツインタイプの客室のほかに、リビングルーム・キッチン付きのコンドミニアムタイプがあります。

詳しくはこちらグアムの【ヴェローナリゾート&スパ】立地はいい?朝食などにおすすめレストランや送迎の有無、アメニティ、口コミなどを紹介!HISなど旅行会社のツアープランは?へ。

(5)アルパンビーチタワー

アルパンビーチタワーはビーチフロントに建てられた、全ての部屋がオーシャンビューの100㎡以上の高級コンドミニアムとなっています。

客室は、スイートルームとペントハウススイートがあり、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機、乾燥機、調理器具、洗濯機がついています。

立地的には、Kマートまで車で5分、イパオビーチまで車で7分となっているので、移動手段としてレンタカーを借りたほうがいいかもしれません。

詳しくはこちらグアムタムニンの【アルパンビーチタワー】の場所やコンドミニアムタイプの部屋やアメニティは?ホテルのプール設備や泊まった口コミまとめ!宿泊料金や旅行会社などのツアーも!へ。

(6)ピアリゾートホテル&コンドミニアム


ピアリゾートホテル&コンドミニアムは、タモン中心部のDFS裏手にあり、タモンビーチにも近く、立地がとてもいいと口コミでも高評価なコンドミニアムです。

2ベッドルームにキッチンのほか、洗濯機や乾燥機などもついています。

ピアリゾートホテル&コンドミニアム公式サイト


グアムは、コンドミニアムの数はそれほど多くないので、人気シーズンなどは予約がいっぱいで満室になっていることも多いので、早めに予約することをおすすめします♪