グアムリーフ&オリーブスパリゾートは、グアムのタモン中心地にある人気のリゾートホテルの1つで、オンザビーチのロケーションなのでカップルにもファミリーにもオススメです!(*^^*)

特にホテルのおすすめとなっているのは、その立地を活かした”インフィニティプール”で、海と繋がっているように見えるプールからの眺めは、グアム旅行の思い出を引き立ててくれそうですね♪

このインフィニティプールからのサンセットは、グアムNo.1とも言われています。

そんなグアムリーフ&オリーブスパリゾートですが、やはり気になるのは宿泊する部屋の種類や、ホテル周辺のアクセスや立地、そしてレストラン情報などですよね。

実際に宿泊した人の口コミをまとめたものも含め、グアムリーフ&オリーブスパリゾートに宿泊しようか考えている人に役立つことをたっぷり紹介していきますので、参考にしてください(*^^*)



グアムリーフ&オリーブスパリゾートの立地とアクセス、周辺情報は?

グアムリーフ&オリーブスパリゾートはグアム国際空港まで車で7分、そして最初にも紹介した通り、タモンの中心部のホテルロードに建ちながらも、地図を見てもわかるようにタモンビーチ沿いにホテルがあります(*^^*)



ホテルがビーチまで徒歩1分のオンザビーチに建っていることで、ホテルからビーチへのアクセスは抜群で、移動時間のロスなどがなくなりますし、朝早くに部屋から出て目の前の海を見て1日をスタートしたり、夜遅くまでビーチでのんびりすることもできます(*^^*)


小さい子供がいるファミリーだと、ホテルからビーチが遠いと疲れてしまったり遊んだ後が大変だったりしますが、海がホテル目の前だとメリットが大きいと思います。

カップルや友達との旅行でも、ホテルの目の前がビーチなら、滞在中の限られた時間を有効的に使うことができることになります♪

また、ビーチの目の前に建っていながら、JPスーパー・ストアまでは徒歩約1分、TギャラリアDFSまでは徒歩約3分という、ショッピングにも申し分ない立地にあるのも魅力の1つです。

買い物ができるショッピングモールが徒歩圏内なら、子供を家族にあずけている間にママはショッピングを済ませてしまったり、カップルで滞在している人も彼氏(旦那さん)が部屋で昼寝している間に買い物してきてしまったり、そういったこも不自由なくできちゃいます!

ショッピングモールについてはこちらグアムでシャンプーなどの日用品や医薬品、お土産、お菓子、コスメ、服が買えるところはどこ?便利なコンビニ「ABCストア」や「Kマート」、「ペイレススーパーマーケット」などの営業時間や売ってる物、アクセス方法、薬局は?女子友達に喜ばれるオシャレお土産やばらまき土産も紹介!へ。

もちろんたくさんのレストランもホテル周辺に立ち並んでいるので、何をするにも徒歩で十分に移動できてしまうロケーションにあります。

私もグアム滞在中に、グアムリーフ&オリーブスパリゾートの中のエッグスンシングスというカフェに行きましたが、本当に徒歩移動ができて便利なホテル立地だと思いました!

エッグスンシングスについてはこちらグアムでぜひオススメしたい「朝食・モーニング」が人気のお店(レストラン・カフェ)ランキング(1)IHOPやセイルズBBQなどの行き方や料金も紹介!オーシャンビューやビュッフェ、パンケーキ♪へ。

ホテルからすぐの場所にいろいろ揃っているので、この辺りだけで過ごすならシャトルバスやレンタカーなどは必要ないかもしれません(*^^*)

ただ、マイクロネシアモールやKマートなどへのアクセスは、徒歩ではタモンのホテルからは厳しいと思うので、そういったちょっと距離のある場所への移動はシャトルバスなどがオススメです。

シャトルバスについてはこちらグアムでの移動手段・交通手段は?赤いシャトルバス、タクシー、レンタカーのメリットとデメリット!空港とホテルの無料送迎がない場合はタクシー?歩行者や交通ルールなど注意することは?へ。

グアムリーフ&オリーブスパリゾートの各タワーや部屋、アメニティ



グアムリーフ&オリーブスパリゾートには、「ビーチタワー」と「インフィニティータワー」の2つのタワーがあります。

ビーチタワー

まず「ビーチタワー」の客室には、次の5タイプの部屋があります。

  • オーシャンスイートオーシャンフロント
  • ビーチタワー3階から17階の角部屋のため、L字になっている大きな窓から素敵なオーシャンフロントが見られる部屋で、通常料金は1部屋あたり750.00ドルです。

  • ニューオーシャンスイートオーシャンビュー
  • ビーチタワーの客室で最上階である17階にあり、シースルーバスによって明るい雰囲気の開放感のあるバスルームになっています。
    通常料金は750.00ドルです。

  • ジャパニーズスイートオーシャンフロント
  • ベッド2台、布団2組など、最大で6人まで宿泊可能なコネクティングタイプのお部屋で、この部屋は全てビーチタワーの角部屋に位置しており、部屋からの眺めも最高なオーシャンフロントの部屋になっています。
    和室と洋室のコネクティングタイプなので、おじいちゃんおばあちゃんとの3世代旅行、グループ旅行などにもバッチリですね。
    通常料金は1部屋あたり750.00ドルです。

  • オーシャンデラックス
  • オーシャンビューの客室で、全室ビーチタワーの10階以上の公開層の客室となります。
    通常料金は1部屋あたり410.00ドルです。

  • ビーチツイン
  • セミダブルサイズのベッドで、1人での宿泊やカップルなどにもオススメで、眺望はシティビューとなっています。
    通常料金は1部屋あたり380.00ドルです。


インフィニティタワー

次に、全室オーシャンビューがポイントの「インフィニティータワー」の客室は5タイプあります。

  • インフィニティーコーナーキング
  • インフィニティータワーの2階から10階の角部屋にあり、ベッドはキングサイズが使用されています。
    全室オーシャンビューのインフィニティータワーの客室の中でも、正面に海が見えるプライベート感溢れるお部屋です。
    通常料金は1部屋あたり430.00ドルです。

  • インフィニティーオーシャンフロント
  • 正面に海が見える部屋で、ラナイ(ベランダ)から見る海と夕日は格別だと書かれていました。
    通常料金は1部屋あたり430.00ドルです。

  • インフィニティーツイン+ソファーベッド
  • 全室オーシャンビューで、通常のダブルサイズベッド2台設置のほか、3名利用のためにソファーベッドを設置した客室ですが、現在はインターネットからの予約はできないそうなので、希望の場合はホテルに直接問い合わせたほうが良さそうです。
    通常料金は1部屋あたり430.00ドルとなっています。

  • インフィニティーツイン
  • ”落ち着きのある寝室と清潔感のあるタイルを活かしたバスルームの客室”と公式で紹介されており、ワークスペース用のデスクもあるようなので、ビジネス利用にもおすすめだそうです。
    通常料金は1部屋あたり420.00ドルです。

  • コーラルスイート
  • インフィニティータワーの高階層である11階の角部屋のスイートルームで、通常の客室3つ分の広さがあります。
    ベッドはクイーンサイズのベッドが2台、バスルームにはシャワーブース付きで、リビングの他ダイニングや化粧室まであります。

    バルコニーから見るパノラマのタモンの夕日が素晴らしいようですが、現在はこちらのお部屋はインターネットからは予約出来ないため、こちらもホテルに問い合わせたほうが良いでしょう。
    通常料金は1部屋あたり1300.00ドルとなっています。


どちらのタワーもどの客室も、アメニティに関してはバスローブ、冷蔵庫、アイスペール、ウォーターディスペンサー、セーフティボックス、ヘアドライヤー、スリッパ、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプーやリンス、ソープなどのバスアメニティなどが用意されています。

必要なものはたいてい揃えられているので、安心して宿泊できそうです!

全ての客室にウォーターディスペンサーがあるのは、これは他のホテルでもあまりないので嬉しいポイントです。

冷水と熱湯のどちらも利用できるので、赤ちゃんや子供の離乳食を作りたい時などでも便利です。

さらにこれもグアムの他のホテルにはあまりないんですが、お客さんからの要望によりこのホテルでは全ての部屋に「ウォシュレット」が完備されています。


グアムでウォシュレット付きトイレがいい人にはかなりメリットが高いです。

また、グアムリーフ&オリーブスパリゾートの公式HPからの、インターネットの予約特典として、4泊以上で無料の空港送迎付きで、さらに宿泊者の中に1人でも55歳以上の人がいれば、料金から10%割引されます。

さらに、早割り特典として、45・65・90/返金なしプランを申し込むと、早割が適用されるそうです。

グアムリーフ&オリーブスパリゾートのレストランやプールなどの施設情報

グアムリーフ&オリーブスパリゾートのビーチタワーにはレストランやスパ、インフィニティータワーにはバイリンガル育成保育園である「リトルガーデン」、レンタカーデスク、ツアーデスクがあり、敷地内には「インフィニティプール」、免税店「ボン・ボヤージュ」、フィットネス・スタジオ、コインランドリーなどがあります。

レストランには、パシフィック・リムレストランの「Rica & Rico」、「洋食屋さんご」、ホテルで最も見晴らしが素敵なビーチタワー18階のスカイバンケットルームの「Bayview SkyBreakfast」、18階にあるスカイラウンジの「トップオブザリーフ」、「インフィニティビーチクラブ」、「センチュリー21 プールサイドバー&バーべキュー」、ハワイ老舗レストランの「エッグスンシングス」、ロビーラウンジの24時間営業のベーカリーショップ「サンドデューン」があります。

ランチやディナーにおすすめなのが「Rica & Rico」、「洋食屋さんご」、「トップオブザリーフ」、「インフィニティビーチクラブ」、「センチュリー21 プールサイドバー&バーべキュー」です。

「Bayview SkyBreakfast」は朝食におすすめで、6時30分から10時までのビュッフェスタイルとなっており、タモンビーチの美しい景色を見ながら食べる朝食は、特別な時間になりそうですね♪

「センチュリー21 プールサイドバー&バーべキュー」はまだ新規開店したばかりのリゾートエンターテイメント施設で、結婚式の2次会や社員旅行、パーティーのほか、プライベートルームやBARとしても利用できます。

「エッグスンシングス」と「サンドデューン」は、朝食でもランチでも時間帯関係なく利用できますし、エッグスンシングスは7時から14時・16時から23時の営業時間、サンドデューンは24時間営業と、どちらも営業時間が長いので滞在中利用しやすいお店だと思います♪

私はグアム旅行中にここのエッグスンシングスに行きましたが、店員さんも気さくでフレンドリーで、また日本のエッグスンシングスのメニューとはちょっと味が違っていて、それもまた美味しくて良かったですよ!

気になるレストランは事前に予約しておいたほうが待ち時間もなくて便利です!
詳しくはこちらグアムのレストラン予約は「グルヤク」がオススメな理由!グアムのレストランは予約なしでも大丈夫?予約は必要?手数料は無料ではない?jtbやhisなどのオプショナルツアーとどっちがいい?へ。







サンドデューンのお惣菜は2人の日本人シェフが作っており、コシヒカリを使ったおにぎりなども販売されているため、ちょっと日本食が食べたくなった時や子供が現地の外食が合わなかった時にも重宝しそうですね(*^^*)

スパについては、日本で30店舗以上展開している「OliveSPA」が海外に初上陸したのが、このグアムリーフ&オリーブスパリゾートの「OliveSPA(オリーブスパ)」で、日本の技術やサービス精神がそのまま残され、日本人スタッフも在中しているオールハンドのスパになっています。

24時まで営業しているので、海遊びや観光で1日出かけて疲れてホテルに帰ってきた後の時間からでも間に合うのでいいですね!

スパについてはこちらグアムのひとり旅(女・男)におすすめの観光スポット&1人でも寂しくないオプショナルツアーは?グアムらしさを感じられるのは?ビーチやスパ、ショッピングにダイビング?!へ。

ホテル自慢の「インフィニティプール」は、海と繋がって見える設計になっており、プールに入りながら見る夕景は最高だと言われています。

宿泊者のみ利用できるプールなので、なんだかプライベート感があっていいですよね(*^^*)

1階のプールサイドには、ジャグジーもあります。

グアムリーフ&オリーブスパリゾートは、日本語対応可能スタッフが24時間体制で常駐してくれており、深夜など時間に関係なく、何か緊急時や困ったことが起きた時にはすぐに相談できるのが安心です!


英語には自信のない方でも快適に滞在できそうですよね。

そのほかのサービスには、空港送迎サービスを片道1台30ドル、プールサイドで楽しむ「モーニング・ヨガ」が10ドルとなっています。

ホテルのレストランや客室など、全館で無料WiFiが使えます。

ホテル以外の場所ではもちろんWiFiは使えないので、観光中など外に出かけている時のインターネットは、WiFiレンタルがおすすめです。

WiFiレンタルについてはこちらのページグアム旅行で安心してインターネットを使いたい人向け!オススメの海外専用WiFiレンタルランキング!料金や使い方やメリット、選ぶポイントなど!ワイホーやイモトのWiFi、グローバルWiFiなどの人気レンタルサービス!でお話しています。

グアムリーフ&オリーブスパリゾートの口コミは?どんな人にオススメのホテル?

グアムリーフ&オリーブスパリゾートに実際に宿泊した人の口コミによると、「24時間日本人対応デスクがあって、小さい子供がいる家族に安心感がある」、「インフィニティプールが素敵だった」、「スタッフが丁寧な対応で好感が持てた」、「24時間営業のサンドデューンが便利だった」、「部屋からの海の眺めは、毎朝起きる度に幸せを感じられた」、「買い物もビーチにも便利な立地」、「ウォーターディスペンサーがかなり重宝した」などがありました。

いろいろ調べている中で特に目立ったのは、「スタッフの対応」、「立地の便利さ」、「設備の充実」などへの評価が高く、たくさんの人がこれについて回答していました。


日本語対応のスタッフがいることの安心感だけではなく、スタッフの親切さやサービス力などが高評価というのは素晴らしいですよね(*^^*)

また、立地面でもやはりみなさん文句なし!といった感じで、ホテルのロケーションに関してはやはり悪い口コミは全然なく、「立地が最高だからグアムではいつもこのホテルを選ぶ」という人もいました。

設備の充実というのは、例えばウォーターディスペンサー(ウォーターサーバー)がとても重宝しただとか、ホテル内の24時間営業しているお店に対するものなどです。

口コミなどを見てもわかるとおり、小さい子供連れのファミリーやカップル、夫婦、友達など、どんな人との旅行にもおすすめできるホテルだと言えます!

グアムリーフ&オリーブスパリゾートに宿泊する旅行会社のツアーは?

飛行機の航空券と、グアムリーフ&オリーブスパリゾートへの宿泊がセットになった、JTBやHISなど旅行会社のパッケージツアーを調べてみました(*^^*)

まずJTBの「ダイナミックパッケージ」の成田発のユナイテッド航空を利用した、グアムリーフ&オリーブスパリゾートのタワー指定なし・部屋眺望指定なしの2名1室の3泊4日で、1人7万7千円前後でした。

部屋タイプがビーチタワーのオーシャンビューの場合は1人8万円前後、インフィニティタワーのコネクティングルームの場合1人8万5千円前後、オーシャンスイートの部屋の場合は1人12万前後となります。

次にHISの場合、チェジュ航空を利用したグアムリーフ&オリーブスパリゾートの部屋眺望なしで2名1室の3泊4日で1人10万円前後でした。

例えば部屋がインフィニティツインの朝食付きの場合は1人11万円前後、ジャパニーズスイートの場合1人15万円前後などとなっています。

旅費に関しては、ここでは東京の成田空港からのツアーを調べましたが、利用する空港や飛行機の時間、航空会社、旅行の時期、宿泊する部屋の種類などによっても料金は変わってきます。

グアム旅行には最適とも言える立地にあり、スタッフのサービスなどへの口コミでも高評価の、グアムリーフ&オリーブスパリゾートは、私もおすすめのホテルです!

1317 Pale San Vitors Road, 96913 タモン, グアム
グアムリーフ&オリーブスパリゾート 公式サイト