海外旅行で1番のハードルというか、ネックになるのが「チップ問題」(笑)

日本にはチップを渡す習慣はありませんもんね。

私は初めての海外旅行先はハワイでしたが、その時は本当にお会計の時になるといつもドキドキハラハラだったのを覚えています。

グアム旅行は、私の中では2回目の海外旅行だったので、ハワイの時よりも多少緊張はしませんでしたが、やっぱりチップを渡すときやチップの金額は、ちょっと緊張してしまいます(*^^*)

旅行中、お金を払うシーンってたくさんありますもんね。

ただ、どんな時にチップを渡したらいいのかなど、きちんと知っておかないとその場であたふたとしてしまうことになると思います。

このページでは、グアム旅行中に困らないために、チップを渡す場所・シーンと、金額の相場、渡し方など基本的なマナーをはじめ、チップを渡さないのは逆にアリなのか?などについてもお話していこうと思います。



まず最初に!グアムでチップを渡さないのはアリ?グアムのチップの重要性は?

日本にはない「チップ」の習慣ですが、アメリカをはじめ海外では当たり前の習慣です。

従業員たちは、あらかじめチップの金額を予測された上で、チップを受け取ることが前提に給料が安く設定されていることが多くなっています。

つまり、チップは大切な収入の一部なんです。

つい忘れてしまったりして、チップを払わなかった場合でも、なにか法律で罰せられるなんてことはありませんが、チップを払わなくても何事もなく普通に過ごせる人もいれば、従業員に嫌な顔や態度をされてしまうこともあるかもしれません。

海外の人からすると、チップを渡すのは当たり前のことで、給料の一部として捉えていますし、従業員側も受け取るのが当たり前のものと捉えているので、「忘れていたからいいか」とか、「知らなかった」では済まされないものです。

「良かったらチップもらってください」みたいなものではないのですし、払って当然のものなので「チップを払っているんだからいいサービスをしてよ!」なんて態度をとるのもおかしな話です。

もし自分たちの立場だったら、一生懸命接客したにも関わらずチップがもらえなかったら、ちょっと落ち込んじゃいますし、仕事のモチベも下がってしまいますよね。

チップを支払うことで損した気持ちにならないで、感謝の気持ちを込めて気持ち良く支払いたいですね。

もし仮に、従業員のサービスや対応に不満を感じた場合には、人の気持ちとしては「チップなんてこの人にあげたくない!」と思ってしまうのもわかりますが、”チップを渡さない”のではなく、チップの最低相場は支払った上で、クレームとして伝えるほうがベストだと言えます。

”サービスが気に入らない=チップを渡さない”、みたいなアピール方法として表現するのはやめましょう。



ちなみにグアムのお金についてはこちらグアムのお金と両替(換金)のしかたと、日本と現地で両替できる場所はどこ?いくら持っていけば所持金は足りる?ドル・セントの単位と硬貨(小銭)の種類、レート、計算方法は?クレジットカードは必要?へ。

チップが必要な場所とタイミングは?金額の相場・目安

チップが必要な場所は、基本的にチップを渡す頻度が高いのは「レストラン」、「ホテル」、「タクシー」の3つですが、その他にも「オプショナルツアー」や「スパ・エステ」などの場所でもチップは必要です。

チップの相場としては料金の10%から15%で、個人に渡す場合は1ドルから2ドル程度支払いましょう。

気持ちの問題なので、「すごく親切にしてもらった!」、「対応がとても良いサービスをしてくれた!」と感じたなら、それ以上渡してももちろんOKです(*^^*)

チップの基本的なマナーとしては、チップはコイン(硬貨)で渡すことは失礼だとされているので、チップは必ず紙幣で支払うようにしましょう。


旅行中はさまざまなシーンでチップを支払うことが多いので、1ドル札はなるべく多く持っておくようにするといいですよ♪

なにか買い物をしたお釣りで出た1ドル札などを取っておいて、常に在庫を切らさないようにするといいと思います。

私も旅行中には、1ドル紙幣が少なくなってきたなぁって思うと、なにかの会計の時にあえて大きいお札などを使ってお釣りで1ドル札が出るように調整したりしていました。

細かくシーン別で分けてお話すると…

(1)レストラン…10%から20%

会計をするときに、レジカウンターでチップを渡します。
たまにレジカウンターにチップ箱が置いてあることもあるので、その場合はその箱にチップを入れればOKです。

テーブルでお会計を支払う場合には、会計をしにきてくれたウェイターに、チップを含めた料金を渡します。

クレジットカードで払う場合は、「クレジットカードプリーズ」などと伝えると、伝票とペンを持ってきてくれるので、そのレシートの「Tip」や「Charge」、「For Survice」と書いてある空欄に、チップとして払う金額を記入して、合計欄にチップと合わせた金額を記入することで、チップも一緒にカードで支払うことが出来ます。

通常、レストランでは人数が多いとチップ代が高くなります。

その他、レストランによってはホテルからの無料送迎バスがついていたりしますが、その場合は行きと帰りそれぞれ1グループにつき5ドルほどチップとして渡すといいです。





(2)バー…ドリンク1杯に対して1ドル

バーの場合は、飲み物1杯につき1ドルが相場です。

伝票で会計をするバーの場合は、代金の合計金額の15%程度をチップ代として支払います。

(3)ホテル

ポーターに荷物を部屋に運んでもらった場合、荷物1個につき1ドル程度を、運んでもらった後に渡すようにします。

ルームメイド(ベッドメイキング)には、1泊あたり1部屋の宿泊人数×1ドルから2ドルを、その日の朝に外出するときや、チェックアウトで部屋から出るときに、わかりやすいようにテーブルや枕元(枕の下には置かない)に置いておくといいです。

そのとき、「Thank you」と書いたメモを一緒においておくと親切だと言われています。

ホテルでルームサービスを頼んだ場合、1回あたり1ドルから5ドルを支払います。

ベルボーイに、車から荷物をおろしてもらったり、タクシーを捕まえてもらった場合には1ドル手渡します。

デュシタニホテルなど、ホテルのバレットパーキング(バレーパーキング)で車を預けた場合には、預けるときにはチップは必要ないですが、車を持ってきてもらった時にはチップを2ドルから3ドル支払います。

ホテルで朝食込のプランの場合の朝食の際には、チップも含まれていることが多いので支払わなくてもOKです。

(4)タクシー…運賃の10%から20%

運賃の10%から20%がタクシーのチップの相場で、料金が安い場合でも最低でも1ドルは払うようにしましょう。

運賃を支払った後で、「サンキュー」と言ってチップを渡してもいいですが、運賃を支払うときにチップを含めたお金を渡して、お釣りはもらわないという方法でもOKです。

ちなみに日本で言う「お釣りは結構です」の言い方は、「Keep the change.(キープザチェンジ)」で、その後に「サンキュー」と添えるとベストです。

スーツケースなどの荷物をトランクに積んでもらったりした場合は、荷物1個に対して1ドルを渡します。

タクシーの場合、あまり大きな紙幣で払うと、チップ込みの金額だと思われてしまうので、あらかじめ細かい紙幣も準備してからタクシーを利用した方がいいかもしれません。

もし、お釣りをもらいたい場合には「Give me the change, please.(ギブミーザチェンジプリーズ)」でokです。

(5)オプショナルツアー…ガイドの人に料金の10%

オプショナルツアーを利用した場合は、ツアーガイドの人に料金の10%を支払います。
ただ、ほとんどのツアーの場合、料金にチップが含まれていることも多く、その場合はもちろんは払わなくてOKです。



(6)スパ・エステ…料金の15%から20%

スパやエステなどは、終了したときに料金の15%から20%のチップを支払います。

海外の人から見て、ダサいチップの渡し方とカッコいいチップの渡し方

チップの渡し方は基本的には絶対こうしなければいけない!という決まりはないので、もともと習慣がない私たち日本人の場合、どうやって渡すべきなのかわからないですよね。

どうせなら、いかにもチップ渡したことないです…っていうのが丸わかりであたふた渡すのではなく、スマートにカッコよくこなれた感じでチップを渡したいですよね(*^^*)

ということで、海外の人たちから見たときに、「ちょっとダサい…」と思われがちなチップの渡し方と、オススメしたいチップの渡し方を紹介します♪

まず気をつけてもらいたい、チップのNGの渡し方は、チップを払わなければいけない場面になって、その都度いちいちズボンのポケットやバッグから財布を取り出してお金を数えて相手に渡すのは、渡すまでの時間相手を待たせることになり、お互い気まずい感じになってしまいます。

では、どんなふうにチップを渡したらいいのかと言うと、男性の場合は服のポケット、女性の場合はバッグのポケット部分に、あらかじめ1ドル紙幣などを折ったものを事前に準備して入れておくのがベスト!

1ドル紙幣を2枚ずつセットにして折りたたんでおき、2から3セットほど常備しておけば、渡すシーンになった時に、すぐに相手に渡すことが出来ますよね(*^^*)


なにより、笑顔で「サンキュー」と言って渡すことが1番大切です。

また、例えば料金とチップの合計金額が58.50ドルなどになった場合、小銭を含めて料金を払うよりも、端数を切り上げて60ドル渡して、「お釣りはいりません」と伝えたほうがスマートなのでオススメです。

チップが必要ない場合もある?!

チップの習慣がない日本人観光客が多いグアムでは、最近はレストランであらかじめチップの代金が「サービス料」として料金に含まれている場合、チップを渡す必要はありません。

サービス料としてチップが会計に含まれているかどうかの見分け方は、「請求書、伝票」を見て、「Service Charge」とか「SVC」、「S/C」、「Gratuity」という項目の横に金額が書かれていれば、チップが含まれていることになります。

つまり先程のせたレシートがそれになります。

チップが含まれていますよね(*^^*)

そのため、あまりチップのことを気にして深刻にとらえなくても良くなってきています。

あまりにもうっかりついついチップを忘れてしまう日本人観光客のために、対策がとられた結果なのだと思います。

ルームサービスやスパ・エステを頼んだ場合も、伝票に「Service Charge」などが書かれていた場合、チップ代はいりません。

また、バーガーキングやマクドナルドなどファストフード店やセルフサービスの場合、そして赤いシャトルバスやレアレアトロリーなどのシャトルバス、HISやJTBなどツアー会社の空港からホテルまでの送迎バスなどはチップを払う必要はありません。

日本人にはなじみのない習慣なので、どうしても緊張してしまったり、「間違っていたらどうしよう…」と心配になってしまう人もいると思いますが、例えばレストランなどでは、お料理を食べながら、海外の他のお客さんなどを観察してみて、テーブルでお会計しているか?レジで払っているか?どんなふうにチップ渡してるのかな?と見ていれば、参考にすることが出来ます♪

自信がなかったら、周りのお客さんを観察してみて真似すればいいので、それほど不安に思うことはありません。

大切なのは、笑顔でサンキューとお礼を伝えてチップを渡すことなので、あまり不安にならないで、感謝の気持ちを表せたらいいですね(*^^*)