ゴールデンウィークもあけ、夏休み前となる6月や7月、そして日本ではお盆や夏休みなど大型連休も始まるこの季節は、カップルや家族でグアム旅行を計画している人も多くなります。

特に夏休みは、子供さん連れのファミリーで日本の空港も賑わっていますよね。

このページでは、6月、7月、8月にグアム旅行を考えている人に役立つ、天気や気温、降水量などの統計や、子供連れにも嬉しい、観光客がグアムで楽しめるイベントについても紹介しているので、読んでみてくださいね(*^^*)



6月、7月、8月のグアム旅行

気候、降水量、台風

グアムは6月から10月までが雨季、11月から5月までは乾季に区別され、6月と7月、8月は雨季に含まれます。

雨季は降水量も多く、年間を通してみるとこんな感じの降水量になっています。



最近は乾季でもスコールが多い日がありますが、やはり乾季と比較すると、6月に入ってからは降水量がかなり増えているのがわかります。

過去の統計の平均降水量で見ると、6月よりも7月、7月よりも8月が降水量が多く、1年で8月が最も雨の多い時期となります。

この季節にグアム旅行に行く方は、やはり滞在中に雨が降ってきたり、雨の日が多くなることを覚悟して行ったほうが良さそうです。

雨といっても、グアムはスコールといってザーッと降って5分から10分ほどで止むことが多く、雨季と行っても日本の梅雨のような連日雨ばかりで晴れの日がほとんどない…ということではありません。

雨季に旅行をした人でも、運良く滞在中晴れの日が多かったというケースもあり、こればかりは運次第になってしまうかもしれませんね。

せっかくグアムに行くんだから、晴れの確率が出来るだけ高いほうがいい!という場合は、やはり雨季は避けて乾季のなかでも特に2月、3月、4月あたりがグアムのベストシーズンなので、旅行の計画を立てるときには注意しましょう。

とは言っても、私はグアムには雨季の6月に行ったことがありますが、実体験でお話すると雨でお天気が悪かった日は1日もありませんでした!

こんな感じの天気!

イパオビーチにて撮影。

グアム滞在中は、ずっと晴れで「ほんとに今って雨季なの?」という感じでしたよ(*^^*)

口コミなどを見ても、私と同じように雨季にグアム旅行をしてもずっと晴れていたという体験談も多く見かけます。

心配な方は、こちらのページグアムの年間の天気、気温、降水量の統計は?台風シーズンはいつ?天気が週間、10日間見られるのはどこ?旅行のベストシーズンはいつ?で90日先までグアムの天気予報が見られるものなどを紹介していますので、参考にしてみてください♪

台風に関しては、グアムでは7月から10月(9月から11月とも言われる)は台風シーズンだと言われています。

しかし、この時期に必ず台風がグアムに直撃するということではないため、あまり気にすることはありません。


これはホテルロードで撮影。普通にカンカン照りです!w

海情報

グアムの6月、7月、8月の水温は、だいたい28度から30度前後で、雨季でももちろん泳ぐことが出来ます。

ただ、やはり雨季ですのでタイミングによっては空がどんより曇っていて、なんだか想像していたグアムと違う…なんてこともあるかもしれませんが、私は雨季の6月にグアムに行きましたが、滞在中毎日晴れていて毎日海遊びを楽しめましたよ♪


とにかく暑い!

雨が連日続いたりする雨季は、「雨が降ったらシュノーケリングとはマリンスポーツはどうなるの?中止なの?」と心配ですが、多少天候が悪くても普通にオプショナルツアーは開催されることが多いです。

パラセーリングやジェット、イルカウォッチングなど、人気のアクティビティも、朝雨が降っていたとしてもほとんどの場合中止になることはありません。

ただ、雨よりも風や波が強くて中止になるツアーはあるかもしれません。

ちなみに、雨の日のグアムの楽しみ方についてはこちらグアム旅行で雨の日にも楽しめる遊び方・過ごし方・おすすめの観光は?大人や子供にもおすすめなのはどこ?雨の日のマリンスポーツはどうなる?ウォーターパークやショッピングなど!でお話しています。

服装

グアムは1年中海で泳げる常夏の島なので、6月、7月、8月のこの時期もTシャツやショートパンツなど、日本の夏と同じような半袖に半ズボンやワンピースなどの服装でOKです。

靴は、サンダルやビーチサンダル、スニーカーなどです。

男性も女性も夏服で大丈夫ですが、雨季にあたるこの時期は、湿度が高いためにホテルやレストラン、ショッピングセンターでも冷房がガンガン効いているところが多いため、パーカーやカーディガンなどの羽織は必ず必要だと思います。

雨季で雨が降ることが多くなると思うので、余計に肌寒く感じることが多いかもしれません。

また、1日中雨が降るということはあまりないですが、雨が降ってきたときのために、折り畳み傘などを持ち歩くといいと思います。

タモンの街をぶらぶらするときなども、サングラスや帽子、日焼け止めなどで紫外線対策をするようにしましょう。

6月、7月、8月のイベント

6月 グアム・ライブ・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル
グアム最大級の音楽イベント「グアム・ライブ・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル」が開催されます。
7000人以上の来場者が訪れ、日本をはじめアメリカや韓国などからさまざまなアーティストが集合するそうです。

2018年には、ガバナー ジョセフ フローレス メモリアルパークにて6月2日、3日に行われました。

7月 グアム BBQ ブロック パーティ(プレジャーアイランド グアム BBQ ブロック パーティ Pleasure Island Guam BBQ Block Party)
入場料は無料で、グアムのタモン地区にあるプレジャーアイランドの通りが歩行者天国となって、グアム中の人気バーベキュー店からその場で炭火バーベキューを焼いて販売をします。

地元の人だけではなく、本格的なバーベキューが楽しめることで、観光客にも人気のイベントとなっており、ミュージシャンによるライブや伝統舞踊、伝統工芸品の販売なども行われます。

2018年は、7月1日に開催されました。

7月4日 アメリカ独立記念日
この日はアメリカ独立記念日で、祝日になります。
アメリカ軍関係者を中心に、各地で花火などさまざまな行事が開催されます。

7月21日 リベレーション・デー(グアム解放記念日)
この日は、独立記念日同様に祝日となり、マーチングバンドや花火などさまざまなイベントが開催されます。