グアムに行ったらやっぱり食べておきたいのが、「チャモロ料理」!

チャモロ料理というのは、グアムの先住民であるチャモロ人の料理をベースに、さまざまな国の文化の影響を受けた、グアム伝統の郷土料理のことです(*^^*)

チャモロ料理は、ホットペッパー、ターメリック、アチョーテなどのスパイスが効いた料理だったり、ココナッツミルクなど日本では馴染みがない食材が使われていたりしますが、日本人の口にも良く合う”辛い、甘い、酸っぱい”な味付けなので、ぜひぜひチャレンジしてみてください♪

現在も、グアムの地元の人たちに愛され続けているローカルフードとして、グアムでもさまざまなお店でチャモロ料理を食べることができます♪

なかでも特にオススメのお店をいくつか選んでみましたので、お店選びの参考びしてください!



チャモロ料理を食べるならここ!オススメ店一覧


日本最大級の海外レストラン予約サイト「グルヤク」公式サイトはこちら

「テリーズローカル コンフォートフード(Terry’s Local Comfort Food)」


「テリーズローカルコンフォートフード」は、2015年にオープンしたチャモロ料理が評判のお店で、タモンという観光の中心部にありながら、訪れるお客さんは地元ローカルの方が8割という、これぞ地元に愛されているお店

本当に美味しくなければ、地元の人たちからはこれほどの支持は得られていないはずですよね♪

お店の入り口にはオーナーのテシ(Tessie)さんの顔のイラストが書かれており、その横には、チャモロ住居を再現したメニュー表が置かれた印象的な造りで、なんだか雰囲気も抜群◎。

お店の名前は、オーナーのお母さんの名前のテリーから来ていて、代々受け継がれてきたファミリーレシピがベースになった料理が提供されています。

店内はというとテーブル席やカウンター席があり、清潔感のあるシンプルな感じですが、「グアム旅行中に2度もリピートしてしまった」、という人がいるほど!

おすすめのメニューは、「フィエスタプレート(11.89ドル)」といってグアムのカトリック伝統行事で食べるパンシット、チャモロバーベキュー、ケラグエン、レッドライスがワンプレートになったもので、すごくボリュームもあって味も良し!だと口コミでも書かれていました。

パンシットはアチョーテというきのみが使われているチャモロ風焼きそばのようなもので、ケラグエンはレモン果汁のさっぱりとした味付けのお肉や玉ねぎなどの和え物、どちらもグアムの有名なチャモロ料理の1つです。

その他「コーンド・ビーフ(13.85ドル)」や「マノック・スニ(12.99ドル)」なども美味しいそうで、だいたいどのメニューも他のお店に比べて安いのも嬉しい

日本語のメニューもあるので注文には困りませんし、テイクアウトもOKですよ!

営業時間は月曜から土曜までは11時から22時まで、日曜は10時から15時までとなっています。

場所は、タモンの中心エリアからは少し離れた、ホリデーリゾート&スパグアムから徒歩2分の場所にあり、だいたい中心部のタモンサンズプラザからは徒歩6分、Tギャラリア付近からは徒歩10分ほどで行けます。

徒歩でのアクセスも無理ではないですが、暗くなってからの移動などはあまりオススメしませんし、楽にアクセスするならシャトルバスがおすすめです!

シャトルバスなら、「ホリデーリゾート/フィエスタ前」で下車してすぐです。

「テリーズローカル コンフォートフード(Terry’s Local Comfort Food)」公式サイトはこちら
1(671) 646-3663
901 Pale San Vitores Road Tamuning, 96913 Guam


「ジェフズパイレーツコーブ(Jeff’s Pirates Cove)」


「ジェフズパイレーツコーブ」は、レンタカー必須のお店にはなってしまいますが、ビーチサイドに建てられた、雰囲気バツグンのローカル感溢れる人気店です!

場所はグアム島南東部のタロフォフォエリアにあるので、タモンからは徒歩では絶対に行けませんし、シャトルバスも通っていないので、行くならレンタカーは必須かと思われます。

が、しかしレンタカーがあるなら絶対に目的地にするべきレストラン!とも言われているお店で、ちなみにタモンのTギャラリア付近からだと、お店までは車で40分前後です。

海賊がモチーフになったインテリアやギフトショップもあり、地元の人たちもドライブの合間に立ち寄ったり、オーナーシェフの方も気さくで親切な方なんだとか♪

お店の奥にはビーチと芝が見えて、建物の中にも海からの風が心地よく吹いていて、居心地がいいのもお店の魅力。

なんとこのお店の敷地内のビーチ、AKB48のEveryday、カチューシャの撮影場所としても使われたんだとか(*^^*)
インスタ映えにも良さそうですね!

とくにおすすめなのは、看板メニューになっている「ジェフ自慢のホームメイドチーズバーガー(14ドル)」や、「フィエスタプレート(20ドル)」、「フィッシュ・ケラグエン」で、フィッシュケラグエンもグアムでは有名はチャモロ料理の1つで、酸味が効いていてとても美味しいと評判です。

日本語のメニューもあって、キッズ用メニューもあります。

営業時間は8時から18時で、日曜日は19時までとなっています。

「ジェフズパイレーツコーブ(Jeff’s Pirates Cove)」公式サイトはこちら
671-789-1582
111 S. Chalan Antigo, Ipan Talofofo, Guam 96915


ザ・カフェテリア(The Cafeteria)


「ザ・カフェテリア」は、ローカルフードと言えばここ!と言われるほど、地元の人たちに大人気のレストランで、”いつ行っても駐車場が満車になっている”とブログなどでもよく言われるほど!

なんと2015年にはグアム地元の人の投票で決められる「ピカズベスト」でベストブレックファースト賞を受賞したこともあり、ここで提供される料理はローカルのお墨付きって感じでしょうか(*^^*)

日本のテレビ番組でも何度か紹介されたこともあるそうですよ!

ザ・カフェテリアにはチャモロ料理メニューが豊富にあり、予算的にはだいたいブレックファースト(朝食)は6ドルから10ドル前後で、そのほかフライドライスやコンボメニューなどは1つ10ドル前後、デザートは3ドルから7ドル前後でした。

ランチメニューを注文すると、ご飯のほかにローカルに人気のチャプチェかポテトサラダ、グリーンサラダ、コーンスープの中から1品選べるようになっています。

なかでも1番人気なのは「フライドライス」で、そのボリュームもさることながら間違いない美味しさ!

フライドライスもいろいろと種類がありますが、「チョリソー フライドライス&ハム(Chorizo Fried Rice & Ham)」などが人気だと書かれていました。

そのほか、「フライドポークチョップ&フライドチキン (Fried Pork Chop & Fried Chicken 14.95ドル)」や「クリスピーキッコーマンフライドチキン (Crispy Kikoman Fried Chiken 12.95ドル)」、「ビーフティナタック(Beef Tinaktak 12.95ドル)」、ココナツトーストなども人気があるようです。

持ち帰りメニューもありますし、食べきれない分をテイクアウトにしてもらうこともできます。

営業時間は7時から15時で、定休日は日曜となっています。

ただ、場所は観光客が多いタモン中心部からは少し離れたハーモン地区のインダストリアルロード(Industrial Road)沿いにあり、歩行者もほとんどいない通りなのでタモンからだと徒歩でのアクセスは厳しいです。

シャトルバスもこの辺りは通っていないので、レンタカーまたはタクシーでのアクセスをオススメします。

「ザ・カフェテリア(The Cafeteria)」公式サイトはこちら
+1 671-646-9463
213 Harmon Industrial Park Rd, Tamuning, 96913 グアム


メスクラチャモロフュージョンビストロ(Meskla CHAMORU FUSION BISTRO)


「メスクラチャモロフュージョンビストロ」は、ローカルテレビでも名が知れている「ピーター・ヂェナス」という人がオーナーシェフで、チャモロ料理とさまざまな国の料理を融合させたチャモロフュージョン料理が楽しめます(*^^*)

メスクラは、このお店の他にもハンバーガーで有名な「メスクラドス」や、「メスクラデリ」なども営業しているお店で、どのお店もかなりの有名店ですよ!

ちなみにメスクラドスについてはこちらのページグアム旅行で絶対に行くべき「ランチ」&「ディナー」におすすめ有名レストランランキング①!シーフードにステーキ、ビュッフェで人気!アクアやピカズカフェ、メスクラドス、カリフォルニアピザキッチン、TGIフライデーズ!へ。

メニューには、バーベキューチキンケサディーヤ(9.95ドル)やチャモルチェサの盛り合わせ(21.95ドル)、フィッシュアヒポケ(12.95ドル)、シーフードルンピア(10.95ドル)などなど、キッズメニューには、チーズケサディーヤ(4.95ドル)やチーズバーガー&フライドポテト(7.95ドル)、チキンナゲット(7.95ドル)などがあります。

メニューも豊富なので、選ぶのに迷ってしまいそうですね!

特に、「ザ・チャモロ・プラター」というワンプレートのチャモロ料理や、ケラグエンなどの盛り合わせ「アペタイザー(16.95ドル)」や、「Local style BBQ plate (Chicken & Short ribs) 20.95ドル」も口コミでオススメされていました。

メニューは英語しかないので、英語が全くわからないと雰囲気で注文することになりそうです(笑)

ただ、公式サイトは日本語でメニューと写真がありましたので、そちらを参考にしてから行くといいかもしれません。

チップは含まれた金額が請求されるので、別途計算したりして支払う必要はなさそうです。

営業時間は、月曜から金曜はランチが11時から14時、ディナーは17時から21時半、土曜はディナーの17時半から21時半のみ営業で、日曜は10時から14時のランチタイムのみ営業となっています。

ディナータイムは特に混雑するそうで、予約していったほうがいいかもしれません。

予約方法は、メスクラの公式サイトの予約フォームから申し込めるようになっていました。

お店の場所は、タモンからは少し離れたハガニア地区のパセオ公園やチャモロビレッジの近くにあり、タモンの中心エリアにあるTギャラリア付近からは車でだいたい17分ほどです。

タモンエリアから徒歩で行くのは難しいので、レンタカーやタクシーでのアクセスが基本となります。

シャトルバスの場合は、タモンからハガニアショッピングセンターで下車して、そこから徒歩10分ほどです。

「メスクラチャモロフュージョンビストロ(Meskla CHAMORU FUSION BISTRO)」公式サイトはこちら
+1 671-479-2652
130 Marine Corps Dr, Hagåtña, 96913 グアム



日本最大級の海外レストラン予約サイト「グルヤク」公式サイトはこちら

そのほか、「チャモロ亭」や「プロア」などもオススメです!(*^^*)

チャモロ亭についてはこちらのページグアム旅行中に行きたい「ディナー」や「ランチ」の人気な有名レストラン!セイルズBBQ、チャモロ亭、ハードロックカフェ、タモンベイロブスター&グリル、フィッシャーマンズコーブ!へ。

プロアについてはこちらのページグアム旅行で「ディナー」するならここがオススメ!「ランチ」にも人気な有名レストランを紹介!プロア、トニーローマ、ルビーチューズデー、シーグリル、マンハッタンステーキハウス!へどうぞ!

せっかくのグアム旅行♪
グアムならではのチャモロ料理も堪能してみてくださいね!(*^^*)

気になるお店は事前に予約しておいたほうが、日本語で申し込みができて現地で慌てることもないのでオススメです。
詳しくはこちらグアムのレストラン予約は「グルヤク」がオススメな理由!グアムのレストランは予約なしでも大丈夫?予約は必要?手数料は無料ではない?jtbやhisなどのオプショナルツアーとどっちがいい?へ。